AACoRE > Laboratories > Kamei's Lab > Index in Japanese
ILCAA
亀井伸孝の研究室
亀井伸孝

論文指導・ゼミ担当歴

日本語 / English / Français
最終更新: 2017年3月5日

[教歴・学内業務歴] [論文指導・ゼミ担当歴]

・これまでの勤務大学における論文指導、ゼミ担当歴の一覧です。
・学部3年生以上および大学院生を含み、1年生、2年生の「基礎演習 I」「セミナー I, II」などを含みません。

■論文の指導/審査

[2017年度] [2016年度] [2015年度] [2014年度] [2013年度] [2012年度] [2011年度]
■ゼミなどの担当
[2017年度後期] [2017年度前期] [2016年度後期] [2016年度前期] [2015年度後期] [2015年度前期] [2014年度後期] [2014年度前期] [2013年度後期] [2013年度前期] [2012年度後期] [2012年度前期] [2011年度後期] [2011年度前期] [2010年度後期] [2010年度前期]


■論文の指導/審査

累計: 72件 [卒業論文57件; 修士論文13件; 博士論文2件] (2017年2月現在)

■2017年度:

■2016年度: 12件 [卒業論文11件; 修士論文1件]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文指導・主査: 6件
・草間美夏「化粧を通して見た美意識の変化」
・佐藤遥「子どもの将来観形成に影響を与える社会的要因: フィリピンの子どもたちの視点から」
・末松憲人「パッケージ化するバックパッキング」
・都築和希「日本の少女マンガ文化と女性の恋愛観」
・平野由加里「学生による国際協力の意義と課題: フィリピンにおけるスタディツアーの事例を通して」
・宮木菜月「アラブ首長国連邦における「国民意識」形成政策とその効果」

□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文副査: 5件

・Hoshino, Sawa "Listening to the sounds of Dakar: An urban soundscape in West Africa" [in English] (星野佐和「ダカールの音を聴く: 西アフリカ都市のサウンドスケープ」) [ゼミ重複履修者として指導も担当] [2016年9月卒業]
・中嶋彩乃「モラトリアム以降の捕鯨祭の役割: 和歌山県太地町の勇魚祭を事例として」
・沖根ジョベリン「日系フィリピン人の高校進学」
・兼子春奈「時系列から読み解くトニ・モリスンの『タールベイビー』: 新しい作品解釈の試み」
・紀和季節「中国の対アフリカ進出」

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 修士論文主指導: 1件

・呂才麗「広西チワン族紅水河下流盤古文化の調査研究」
2016年度後期末までの指導・審査論文累計: 72件 [卒業論文57件; 修士論文13件; 博士論文2件]

■2015年度: 10件 [卒業論文8件; 修士論文1件; 博士論文1件]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文指導・主査: 6件
・佐藤愛子「子ども兵問題における小型武器回収の意義: ソマリランドとシエラレオネの事例から」
・濱田奈美「デンマークにおける成人教育の変遷: 現地調査からみえるフォルケホイスコーレのいま」
・藤井梨花子「アニメ作品にみる多民族社会マレーシア: "Upin & Ipin" の分析を通して」
・川口真奈「スウェーデンにおける環境政策と住民意識: 社会的ジレンマ抑制モデルの提言」
・中井美里「インドネシア人介護福祉士候補者をめぐる状況: インタビューから見える期待と不安」
・山村真智子「フィリピンにおける高齢者福祉: 施設入居者の暮らしと若い世代の老後観」

□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文副査: 2件

・鈴木智子「外国人介護福祉士とその候補生が抱える困難: 文化の違いに着目して」
・鵜飼理恵子「Computer-Mediated-Communication による関係構築のプロセス: Twitter 利用調査からの一考察」

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 修士論文審査委員: 1件

・丹羽悦子「テチナンティトラ壁画「羽毛の生えたヘビと花咲く木」の図像解釈」 [2015年9月修了]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士論文主査: 1件

・司玉潔「中国「生態保護政策」および「定住化プロジェクト」の影響下におけるモンゴル族牧畜社会の動態に関する研究」
2015年度後期末までの指導・審査論文累計: 60件 [卒業論文46件; 修士論文12件; 博士論文2件]

■2014年度: 17件 [卒業論文15件; 修士論文2件]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文指導・主査: 12件
・林里紗「「楽園」イメージの変遷: バリに対するまなざしの通時的比較研究」
・石井友規「フィリピンにおけるストリートチルドレンの現状と課題: 子どもたちとのフィールドワークから」
・Kato, Yoshiko "Problems of multiethnic society in Malaysia: An analysis of protest demonstrations" [in English] (加藤佳子「マレーシアにおける多民族社会の課題: デモ抗議の分析を中心に」)
・川端百恵「災害における外国人支援: 日本の震災経験を生かした今後の取組み」
・野村梓「ドイツ・アメリカの移民の子どもに対する言語教育政策と日本の現状」
・松木詩織「カンボジアにおける農村開発の新しい潮流: 綿花栽培に着目して」
・岩下由季「開発援助と手工芸品ビジネス: バングラデシュの刺繍布を取り巻くNGOと企業」 [2014年度国際関係学科「成績優秀者」受賞]
・大嵜真依子「パンダ外交とメディア」
・鈴木里彩「タイにおける一村一品運動の研究: 住民意識の相違に注目して」
・高原光「名前の文化人類学的研究: 「キラキラネーム」に表れる現代日本人の価値観」
・廣門未紗「現代の「魔女狩り」問題解決に向けて: 過去の事例との比較検証をもとに」
・渡邊崇代「世界遺産登録地における観光振興のあり方: 小笠原諸島での現地調査をもとに」

□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文副査: 3件

・Irie, Yuka "A study of Aboriginality: The Aboriginal flag in multicultural Australia" [in English] (入江有香「アボリジナリティの研究: 多文化国家オーストラリアにおけるアボリジナルの旗」) [ゼミ重複履修者として指導も担当] [2014年度国際関係学科「優秀卒業論文」受賞]
・西澤志織「インドネシア・バリ島の伝統と観光文化: ケチャに焦点を当てて」
・三輪大貴「サブサハラ経済成長の背景: サブサハラが成長するには」

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 修士論文主指導: 1件

・成瀨晴正「メソアメリカ・サポテカ文明におけるモンテ・アルバンの成立起源の検証」

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 修士論文審査委員: 1件

・佐野和貴子「メソアメリカにおける月のシンボリズム: テオティワカンに具現化された月の考察」
2014年度後期末までの指導・審査論文累計: 50件 [卒業論文38件; 修士論文11件; 博士論文1件]

■2013年度: 11件 [卒業論文10件; 修士論文1件]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文指導・主査: 5件
・Kamiya, Ai "How did Fair Trade become popular in the United Kingdom?: A case study of the University of Leeds" [in English] (神谷愛「イギリスにおけるフェア・トレードの普及: リーズ大学の事例研究」)
・新美友規「同性愛者をめぐる制度と社会運動: 世界の同性婚事情を中心に」
・埴生遼加「観光開発は貧困削減をもたらすか: バックパッカーをめぐる観光産業と政策の研究」
・春日井里歩「群集心理からみるルワンダ虐殺」
・渡辺奈央子「現代インドにおける女性の社会的地位と環境」

□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文副査: 5件

・若尾知加「交流から共生へ: 食文化を通した活動から多文化共生の実現を試みる」
・神谷沙樹「「キャラ立ち」と日本人の集団主義: 日本人大学生への意識調査を基に」
・鈴木美里「ASEANにおける労働力の流動化がもたらすもの: 国家の発展に影響を与える外国人労働者」
・山村美絵「アフリカ系アメリカ文学におけるパッシング: William Wells Brown の Clotel から Nella Larson の Passing まで」
・劉英蓮「中国人観光客が宿泊施設に求めるサービス: インターネット口コミサイトの分析」

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 修士論文審査委員: 1件

・千葉裕太「メソアメリカにおける黒曜石の呪医的利用: 物質化された治癒神の特性」
2013年度後期末までの指導・審査論文累計: 33件 [卒業論文23件; 修士論文9件; 博士論文1件]

■2012年度: 12件 [卒業論文7件; 修士論文4件; 博士論文1件]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文指導・主査: 4件
・清水奈津子「出産文化の比較研究: 産み場所が出産諸側面に与える影響」
・中川祐未子「開発途上国における働く子供たちはどのように語られているか: 児童労働をめぐる言説の分析」
・長屋冴由美「アフリカの明日を拓く携帯電話」
・新田早苗「南アフリカとスポーツ: アパルトヘイトとの関係を中心に」

□愛知県立大学外国語学部国際関係学科・卒業論文副査: 3件

・伊藤亜美「子ども兵士がいない世界を創るための取り組みについて」
・森真実「アメリカのジャーナリズムにおける風刺画についての研究」
・森稚奈「観光の場における文化の再編: 白川郷の民宿に焦点を当てて」

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 修士論文副指導: 2件

・日丸美彦「先住民族の「場の教育」と持続可能な環境教育: フィリピン環境演劇にみる身体知・暗黙知の教育」
・吉田有里「Swinging Sixtiesと女性雑誌: ドリー・バードと1960年代イギリス」

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 修士論文審査委員: 2件

・賴秀慈「台湾における宗族と宗親会: 嘉義県賴氏の事例を中心に」
・堀この美「地域的人権条約における「人民」概念について: アフリカを中心に」

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士論文審査委員: 1件

・ソロンガ「中国における「伝統」の継承、「再創造」、「移植」: 内モンゴル自治区における「白いスゥルデ」祭祀をめぐって」
2012年度後期末までの指導・審査論文累計: 22件 [卒業論文13件; 修士論文8件; 博士論文1件]

■2011年度: 10件 [卒業論文6件; 修士論文4件]
□大阪国際大学人間科学部心理コミュニケーション学科・卒業研究指導: 6件
・金子優「インターネットにおける自己開示: 匿名性をめぐるSNSユーザへのインタビュー」
・川本哲也「アタッチメント理論: その形成過程と日本における受容」
・西村直進「社会規範と逸脱行為: 電車内における「迷惑行為」の変遷と実態」
・山口綾「ろう者とメディア: 震災を例にして」
・山地美緒「女たちが語る「草食系男子」: 現代女性の求める男性イメージ」
・余作貴「女性を取り巻く暴力問題の実態と対策: 日本の現状と各国の取り組み」

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 修士論文審査委員: 4件

・小野田拓未「近代化の中の伝統の継承: 正統的周辺参加から酒蔵に焦点を当てて」
・陳莎「中国雲南省におけるタイ族の住居の変化と文化変容: 雲南省徳宏タイ族自治区瑞麗市姉岡寨を事例として」
・王曦敏「満州族の葬儀の変化とその歴史的・社会的背景: 吉林市の農村と都市の事例から」
・竹内源「ネパールにおける民族/カースト問題と憲法制定過程」
2011年度後期末までの指導・審査論文累計: 10件 [卒業論文6件; 修士論文4件]


■ゼミなどの担当

■2017年度後期:

■2017年度前期:

■2016年度後期: 25人 [学部19人+博士前期2人+博士後期2人+博士後期退学後指導2人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 19人
[<< 3人復学]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 6人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 3人
・「研究演習 (国際関係)」(3年生用): 2人
・休学/留学中のゼミ生: 8人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 2人

[<< 1人復学]
・主指導: 1人
・副指導: 1人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程: 2人

・副指導: 1人
・休学/留学中の主指導院生: 1人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程単位取得退学後の博士論文指導: 2人

・客員共同研究員として受け入れ論文指導: 1人
・客員共同研究員ではない形で論文指導: 1人
2016年度後期末までの指導学生累計: のべ67人、実数66人 [学部56人+博士前期6人+博士後期 (退学後指導を含む) 5人]

■2016年度前期: 26人 [学部20人+博士前期2人+博士後期2人+博士後期退学後指導2人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 20人
[<< 9人新規受け入れ]
[<< 1人復学]
[>> 1人休学/留学]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 7人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 4人
・「研究演習 (国際関係)」(3年生用): 4人
・休学/留学中のゼミ生: 5人
[>> 1人卒業]
[>> 6人休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 2人

・副指導: 1人
・休学/留学中の主指導院生: 1人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程: 2人

・副指導: 1人
・休学/留学中の主指導院生: 1人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程単位取得退学後の博士論文指導: 2人

[<< 1人受け入れ]
・客員共同研究員として受け入れ論文指導: 1人
・客員共同研究員ではない形で論文指導: 1人
2016年度前期末までの指導学生累計: のべ67人、実数66人 [学部56人+博士前期6人+博士後期 (退学後指導を含む) 5人]

■2015年度後期: 24人 [学部17人+博士前期2人+博士後期3人+博士後期退学後指導2人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 17人
[<< 1人復学]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 6人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 6人
・休学/留学中のゼミ生: 5人
[>> 6人卒業]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 2人

・副指導: 1人
・休学/留学中の主指導院生: 1人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程: 3人

・主指導: 1人
・副指導: 1人
・休学/留学中の主指導院生: 1人
[>> 1人主指導単位取得退学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程単位取得退学後の博士論文指導: 2人

・客員共同研究員として受け入れ論文指導: 2人
[>> 1人博士号取得]
2015年度後期末までの指導学生累計: のべ58人、実数57人 [学部47人+博士前期6人+博士後期 (退学後指導を含む) 5人]

■2015年度前期: 26人 [学部19人+博士前期2人+博士後期3人+博士後期退学後指導2人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 19人
[<< 7人新規受け入れ]
[<< 2人休講他ゼミ生預かり]
[<< 1人復学]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 8人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 9人
・休学/留学中のゼミ生: 2人
[>> 2人休講他ゼミ生元の所属ゼミへ戻る]
[>> 4人休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 2人

・副指導: 1人
・休学/留学中の主指導院生: 1人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程: 3人

[2人副指導から主指導に変更]
・主指導: 1人
・副指導: 1人
・休学/留学中の主指導院生: 1人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程単位取得退学後の博士論文指導: 2人

[<< 1人受け入れ]
・客員共同研究員として受け入れ論文指導: 2人
2015年度前期末までの指導学生累計: のべ58人、実数57人 [学部47人+博士前期6人+博士後期 (退学後指導を含む) 5人]

■2014年度後期: 31人 [学部23人+博士前期3人+博士後期4人+博士後期退学後指導1人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 23人
[<< 3人復学]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 13人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 8人
・休学/留学中のゼミ生: 2人
[>> 13人卒業]
[>> 1人休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 3人

[<< 1人主指導変更受け入れ]
・主指導: 1人
・副指導: 1人
・休学/留学中の主指導院生: 1人
[>> 1人主指導修了]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程: 4人

・副指導: 4人
[>> 1人副指導単位取得退学]
[>> 1人副指導休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程単位取得退学後の博士論文指導: 1人

・客員共同研究員として受け入れ論文指導: 1人
2014年度後期末までの指導学生累計: のべ49人、実数48人 [学部38人+博士前期6人+博士後期 (退学後指導を含む) 5人]

■2014年度前期: 30人 [学部23人+博士前期2人+博士後期4人+博士後期退学後指導1人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 23人
[<< 6人新規受け入れ]
[<< 1人ゼミ変更受け入れ]
[<< 3人復学]
[>> 1人休学/留学]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 13人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 6人
・休学/留学中のゼミ生: 4人
[>> 1人休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 2人

[<< 1人副指導新規受け入れ]
・主指導: 1人
・副指導: 1人
[>> 1人主指導休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程: 4人

[<< 1人副指導新規受け入れ]
・副指導: 4人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程単位取得退学後の博士論文指導: 1人

[<< 1人受け入れ]
・客員共同研究員として受け入れ論文指導: 1人
2014年度前期末までの指導学生累計: のべ48人、実数47人 [学部38人+博士前期5人+博士後期 (退学後指導を含む) 5人]

■2013年度後期: 26人 [学部21人+博士前期1人+博士後期4人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 21人
[<< 4人復学]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 5人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 10人
・休学/留学中のゼミ生: 6人
[>> 5人卒業]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 1人

・主指導: 1人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程: 4人

・副指導: 4人
[>> 1人副指導単位取得退学]
2013年度後期末までの指導学生累計: のべ39人、実数38人 [学部31人+博士前期4人+博士後期4人]

■2013年度前期: 26人 [学部21人+博士前期1人+博士後期4人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 21人
[<< 10人新規受け入れ]
[>> 1人休学/留学]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 5人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 9人
・休学/留学中のゼミ生: 7人
[>> 3人休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 1人

[<< 1人主指導新規受け入れ]
・主指導: 1人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士後期課程: 4人

[<< 3人副指導変更受け入れ]
[<< 1人副指導新規受け入れ]
・副指導: 4人
2013年度前期末までの指導学生累計: のべ39人、実数38人 [学部31人+博士前期4人+博士後期4人]

■2012年度後期: 17人 [学部15人+博士前期2人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 15人
[<< 3人復学]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 4人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 6人
・休学/留学中のゼミ生: 5人
[>> 4人卒業]
[>> 1人休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 2人

・副指導: 2人
[>> 2人副指導修了]
2012年度後期末までの指導学生累計: 24人 [学部21人+博士前期3人]

■2012年度前期: 18人 [学部15人+博士前期3人]
□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 15人
[<< 8人新規受け入れ]
・「研究演習 (国際文化)」(4年生用): 4人
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 8人
・休学/留学中のゼミ生: 3人
[>> 5人休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 3人

[<< 1人副指導変更受け入れ]
・副指導: 3人
[>> 1人副指導変更]
2012年度前期末までの指導学生累計: 24人 [学部21人+博士前期3人]

■2011年度後期: 15人 [学部13人+博士前期2人]
□大阪国際大学人間科学部心理コミュニケーション学科: 6人
・「セミナー IV」(4年生): 6人
[>> 6人卒業]

□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 7人

・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 4人
・休学/留学中のゼミ生: 3人

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 2人

・副指導: 2人
2011年度後期末までの指導学生累計: 15人 [学部13人+博士前期2人]

■2011年度前期: 15人 [学部13人+博士前期2人]
□大阪国際大学人間科学部心理コミュニケーション学科: 6人
・「セミナー IV」(4年生): 6人

□愛知県立大学外国語学部国際関係学科: 7人

[<< 7人新規受け入れ]
・「研究演習 (国際文化)」(3年生用): 7人
[>> 3人休学/留学]

□愛知県立大学大学院国際文化研究科 (国際文化専攻) 博士前期課程: 2人

[<< 1人副指導新規受け入れ]
[<< 1人副指導変更]
・副指導: 2人
2011年度前期末までの指導学生累計: 15人 [学部13人+博士前期2人]

■2010年度後期: 6人 [学部6人]
□大阪国際大学人間科学部心理コミュニケーション学科: 6人
・「セミナー III」(3年生): 6人
2010年度後期末までの指導学生累計: 6人 [学部6人]

■2010年度前期: 6人 [学部6人]
□大阪国際大学人間科学部心理コミュニケーション学科: 6人
[<< 6人新規受け入れ]
・「セミナー III」(3年生): 6人
2010年度前期末までの指導学生累計: 6人 [学部6人]


矢印このページのトップへ    亀井伸孝日本語の目次へ

All Rights Reserved. (C) 2003- KAMEI Nobutaka
このウェブサイトの著作権は亀井伸孝に属します。