AACoRE > Laboratories > Kamei's Lab > Index in Japanese
ILCAA
亀井伸孝の研究室
最終更新: 2017年5月20日

亀井伸孝

第7回欧州アフリカ学会 (ECAS7) での発表採択 (2017/02/10) 新着!
2017年6-7月、スイス、バーゼルにて開催

[The 7th European Conference on African Studies (ECAS7)]

ECAS7

国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2017年中間会議で発表
「フランス語圏アフリカ手話 (LSAF) という新たなアイデンティティ:
西・中部アフリカろう者コミュニティの遺産と新しい動き」
分科会 RM-LL04「変わりゆく少数言語イデオロギー」(2017年5月6日, カナダ, オタワ大学)
新着!

国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2017年中間会議に参加 (2017/05/02-07, カナダ, オタワ大学) 新着!

国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2017年中間会議での発表採択 (2016/12/26) 新着!
2017年5月、カナダ、オタワにて開催

[The 2017 Inter-Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES)]

IUAES2017
Ottawa201705Ottawa201705Ottawa201705

第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8, 2015年8月, 京都) における基調講演に基づいた
論文が刊行されました (英語) (2017/03)
Sanogo, Yédê Adama & Nobutaka Kamei. 2017.
Promotion of sign language research by the African Deaf community:
Cases in French-speaking West and Central Africa.
In: Kaji, Shigeki ed. Proceedings of the 8th World Congress of African Linguistics.
Fuchu: Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa,
Tokyo University of Foreign Studies. 411-424.
[サノゴ, イェデ・アダマ, 亀井伸孝. 2017.
「アフリカろう者コミュニティによる手話言語研究の促進: フランス語圏西・中部アフリカの事例」
『第8回世界アフリカ言語学会議報告書』
府中: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所. 411-424. ]
[英語要旨] (PDF)
[フランス語要旨] (PDF)
[この論文の日本語版の全文はこちらで読めます]
Proceedings of WOCAL8
[第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8) のウェブページ]

[過去のトップニュース]
Google
WWW を検索 kamei.aacore.jp/ を検索

新着情報

■アビジャン日記 (6): 国軍兵士の不穏な動き/自宅近くでの銃撃事件 (2017/05/20) 新着!

■オタワ日記補遺/アビジャン日記 (5): アフリカにまつわるふたつの焼き鳥/リビング水没事件 (2017/05/13) 新着!

■オタワ日記: 国際人類学民族科学連合(IUAES)の中間会議に参加 (2017/05/06) 新着!

国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2017年中間会議で発表
「フランス語圏アフリカ手話 (LSAF) という新たなアイデンティティ:
西・中部アフリカろう者コミュニティの遺産と新しい動き」
分科会 RM-LL04「変わりゆく少数言語イデオロギー」(2017年5月6日, カナダ, オタワ大学)
新着!

国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2017年中間会議に参加 (2017/05/02-07, カナダ, オタワ大学) 新着!

近刊予定『手の百科事典』(バイオメカニズム学会編, 2017, 東京: 朝倉書店) の特設ページを開設 (2017/04/30) 新着!

■2017年4月のまとめ日記 (2017/04/30) 新着!

■アビジャン日記 (4): 来てみて分かる学術的な資源と人脈/腹立たしい話:フランス手話をめぐって (2017/04/29) 新着!

■アビジャン日記 (3): 客員教授始動/ついに引っ越し (2017/04/22) 新着!

■アビジャン日記 (2): 手話啓発冊子編集のワークショップ/いきなりの入居拒否 (2017/04/15) 新着!

■アビジャン日記 (1): 長期学外研究開始/アビジャンに到着 (2017/04/08) 新着!

■教授昇任の機会に (2017/04/03) 新着!

西アフリカ言語学会主催・第30回西アフリカ言語会議 (WALC2017) の概要公開
(2017年7月31日-8月5日, ガーナ共和国セントラル州エフトゥ, ウィネバ, ウィネバ教育大学) 新着!
大会テーマ「西アフリカの統合と発展における言語の役割」

第9回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL9)
「グローバル世界におけるアフリカの諸言語」の概要公開
[サブテーマ「アフリカの手話言語」を含む]
(2018年8月23-26日, モロッコ, ラバト, ムハンマド5世大学ラバト・アグダル校人文学部)
新着!

コートジボワール、フェリックス・ウフェ=ボワニ大学言語・文学・文化教育研究部門 (UFR LLC) 客員教授
(応用言語学研究所 (ILA) における共同研究) (2017/04/06-[2017/10/03])
新着!

コートジボワール共和国アビジャンでの長期滞在を開始 (2017/04/06-) 新着!

教授昇任しました (2017/04/01) 新着!

2017年度は長期学外研究のため、1年間日本を留守にします (2017年4月-2018年3月) 新着!

愛知県立大学学長特別教員研究費 (長期学外研究員) 採択! (2017/04/01) 新着!
「フランス語圏西アフリカにおける手話言語とろう者コミュニティの記載的研究」

第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8, 2015年8月, 京都) における基調講演に基づいた
論文が刊行されました (英語) (2017/03)
Sanogo, Yédê Adama & Nobutaka Kamei. 2017.
Promotion of sign language research by the African Deaf community:
Cases in French-speaking West and Central Africa.
In: Kaji, Shigeki ed. Proceedings of the 8th World Congress of African Linguistics.
Fuchu: Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa,
Tokyo University of Foreign Studies. 411-424.
[サノゴ, イェデ・アダマ, 亀井伸孝. 2017.
「アフリカろう者コミュニティによる手話言語研究の促進: フランス語圏西・中部アフリカの事例」
『第8回世界アフリカ言語学会議報告書』
府中: 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所. 411-424. ]

[英語要旨] (PDF)
[フランス語要旨] (PDF)
[この論文の日本語版の全文はこちらで読めます]
[第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8) のウェブページ]

日本子ども学会子ども学カフェ招待講演 (2014年4月26日, 東京都港区, 慶應義塾大学三田キャンパス)
に基づいた記事が刊行されました (2017/03/31)
亀井伸孝. 2017. 「講演: アフリカ子ども学の試み: そのねらいと展望」
『チャイルド・サイエンス』(日本子ども学会) 13: 16-19.

愛知県立大学多文化共生研究所『共生の文化研究』11 に複数の記事を掲載 (2017/03/31刊行)
『愛知県立大学外国語学部年報: 2016年度』に複数の記事を掲載 (2017/03刊行)

愛知県立大学卒業式/学位授与式 (2017/03/20)
6人の国際関係学科ゼミ生と、1人の国際文化研究科大学院生を送り出しました
学科ブログ記事「2016年度卒業式」(2017/03/26)
2016年度の「論文の指導/審査」

国際関係学科の学生によるインタビュー記事が学科学生ブログに掲載されました (2017/03/19)
「亀井先生の旅立ち~また会う日まで~」

愛知県立大学の広報誌『探県大』(たんけんたい) に、学生広報スタッフによるインタビュー掲載 (2017/03)
[愛知県立大学広報誌『探県大』Vol.24のページ]

岩波ジュニア新書『いのちはどう生まれ、育つのか』の執筆担当章「さまざまな体、さまざまな文化」、
東京女学館中学校2017年度国際学級帰国生入学試験問題「国語」の問題文として出題
(2016年12月10日試験実施)

愛知県立大学教員人事評価制度「特に良好な業績」を上げた教員 (教育・研究の分野) に選定 (2017年2月23日)
(おもに教育面の功績、過去3年間で卒業論文主査24件、修士論文主指導2件、そのほか刊行・発表多数)

これまでの「論文の指導/審査」

第7回欧州アフリカ学会 (ECAS7) での発表採択 (2017/02/10)
2017年6-7月、スイス、バーゼルにて開催

[The 7th European Conference on African Studies (ECAS7)]

「国際関係学科フィールドワーク・フェスタ2016」報告 (2017/03)

「国際関係学科・旅の写真展(イオンモール常滑)」報告 (2017/03)

岩波ジュニア新書『手話の世界を訪ねよう』第4刷発行! (2017/01/25)

小論が刊行されました (2017年1月1日) [日本語]
亀井伸孝. 2017. 「新しい優生思想としての"コミュ障": 異文化間の快適な対話を目指して」
(山登敬之編: 特別企画「"コミュ障" を超えて」)
『こころの科学』(日本評論社) 191 (2017年1月): 57-63.

>> [日本評論社『こころの科学』のウェブページ]

もういくつ寝るとお正月(2018)? (2017/01/01)
[1/100秒きざみのカウントダウン・クロック]

新年明けましておめでとうございます (2017/01/01)

[過去の新着情報]

おもな更新
日替わり情報
『手の百科事典』(2017/04/30) 新着!
「今後の予定: 2017年」//
(2016/12/28)
日本学術会議シンポジウム (2016/11/19)
WOCAL8 仏語版日本語版 (2016/03/18)
「今後の予定: 2016年」//
(2015/12/08)
「このウェブサイトの歴史」英語版仏語版
(2015/10/30)
「おせわになった出版社」の英語版仏語版 (2015/10/17)
「共同研究」英語版仏語版 (2015/09/29)
澁澤民族学振興基金助成 (2015/09/25)
フランス語版研究業績一覧 (刊行) (2015/09/21)
愛知県大公開講座嘉田由紀子講演会のページ新設 (2015/09/08)
フランス語版研究助成 (2015/09/06)
フランス語版行事予定 (2015/09/05)
フランス語版履歴書 (2015/09/05)
WOCAL8 ページ新設 (2015/08/30)
『いのちはどう生まれ、育つのか』
紹介ページを開設 (2015/04/13)

NHK「あさイチ」ページ開設 (2015/03/22)
シノドス論考ページを新設 (2015/03/05)
フランス語版のニュースアーカイブ (2015/01/01)
今後の予定2015(日本語英語)掲載 (2014/11/08)
「過去のトップニュース」(日本語英語仏語) (2014/11/08)
「報道、メディアでの紹介」掲載 (2014/08/20)
シンポジウム「大学で学ぶ文化人類学」掲載 (2014/07/17)
『公共人類学』掲載 (2014/06/15)
フランス語ウェブサイト新設 (2013/03/14)
英語版ウェブサイト新設 (2003/11/23)
このウェブサイト新設 (2003/10/30)

[このウェブサイトの歴史]

自己紹介
研究活動
おもな共同研究
おもな著書
教育・学内業務
社会的活動
2017年度前/後期

長期学外研究中
(2017/04-2018/03)
授業はありません

[教歴・学内業務歴]
[論文指導・ゼミ担当歴]



矢印このページのトップへ    亀井伸孝日本語の目次へ

All Rights Reserved. (C) 2003- KAMEI Nobutaka
このウェブサイトの著作権は亀井伸孝に属します。