AACoRE > Laboratories > Kamei's Lab > Index in Japanese
ILCAA
亀井伸孝の研究室
最終更新: 2018年9月17日

亀井伸孝

Google
WWW を検索 kamei.aacore.jp/ を検索

新着情報

「主催したおもな行事」のウェブページ新設 (2018/08/29) 新着!

「フィールドワーク実習」のウェブページ新設 (2018/08/23) 新着!

フランス語圏社会言語学ネットワーク (Réseau Francophone de Sociolinguistique) 第4回大会
« Langues de valeur et valeur des langues »、2019年6月にカナダで開催
(2019年6月13-16日, カナダ, オンタリオ州オタワ, オタワ大学) (2018年8月21日掲載) 新着!
発表公募: 2018年9月14日〆切
[RFS のウェブサイト]
[大会ウェブサイト]

国際関係学科「旅の写真展」2011-2017年開催全8回のデータを集計して掲載 (2018/08/17) 新着!

The 13th conference of Theoretical Issues in Sign Language Research (TISLR13)
(2019年9月26-28日, ドイツ, ハンブルク大学) 発表募集
応募〆切: 2018年12月1日
(2018年8月14日掲載) 新着!
[TISLR13 のウェブサイト]

『子どもたちの生きるアフリカ: 伝統と開発がせめぎあう大地で』
アジア経済研究所『アフリカレポート』の書評で紹介 (2018/08/13掲載)
新着!

愛知県立大学教員研究発表会における2件の発表で
2017年度長期在外研究の成果を報告 新着!
【口頭発表】「フランス語圏西アフリカにおける手話言語とろう者コミュニティの記載的研究」(2018年8月6日)
【パネル発表】「「人種」と「人種主義」をめぐる博物館展示の動向:
フランスの人類博物館とアメリカ人類学会の展示会の事例」(2018年7月30日-8月6日)

『子どもたちの生きるアフリカ: 伝統と開発がせめぎあう大地で』
『国際開発研究』、『歴史地理教育』の書評で紹介 (2018/08/06掲載)
新着!

『国立民族学博物館研究報告』掲載の拙論
「「人種」と「人種主義」をめぐる博物館展示の動向:
フランスの人類博物館とアメリカ人類学会の展示会の事例」
みんぱくリポジトリで全文無料公開 (2018/07/11) 新着!
同論文の正誤表を掲載 (2018/07/22) 新着!
同論文を元にしたポスター発表原稿を掲載 (2018/07/23)
新着!

第18回国際人類学民族科学連合 (IUAES) 世界大会で発表 [英語]
"African children and childhood: Learning processes and re-creation of ecological and cultural environments"
(including the topic "Children's play culture and social changes: Baka hunter-gatherers in Cameroon")
(2018年7月20日, ブラジル, フロリアノポリス, サンタカタリーナ連邦大学)
新着!

朝倉書店『手の百科事典』重版決定! (2018/07/17掲載) 新着!

第18回国際人類学民族科学連合 (IUAES) 世界大会に参加
(2018年7月16-20日, ブラジル, サンタカタリーナ州フロリアノポリス, サンタカタリーナ連邦大学) 新着!
[国際人類学民族科学連合 (IUAES)]
[世界大会ウェブサイト]

ブラジル到着! 初の南米大陸訪問!
(2018年7月15日, サンパウロ; フロリアノポリス)
新着!

『国立民族学博物館研究報告』に人種と人種主義をめぐる博物館展示の論文掲載!
亀井伸孝. 2018. 「「人種」と「人種主義」をめぐる博物館展示の動向:
フランスの人類博物館とアメリカ人類学会の展示会の事例」
『国立民族学博物館研究報告』42巻4号: 449-474.
(2018年6月14日 [日本語])

日本文化人類学会第52回研究大会で
分科会「アフリカ子ども学と文化人類学: 表象・学び・アイデンティティ」を開催
(2018年6月3日, 弘前大学)

日本アフリカ学会大会で「「アフリカ子ども学」フォーラム: 持続可能な開発と子ども」
約70人の参加者を得て開催 (2018年5月27日, 北海道大学)

岐阜の「まちかど大学」で「アフリカ子ども学のすすめ」開催! (2018/04/25)
[まちかど大学 facebook]

岩波ジュニア新書『手話の世界を訪ねよう』
筑波大学附属駒場中学校入学試験「国語」問題に出題 (2018/02/03)

日本文化人類学会の理事 (2018-2020) に選出されました (2018/04/01)

発表「人種主義との格闘を通して: 中等教育、大学教育、一般社会啓発における人類学の役割」
日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」最終シンポジウム
「フィールド/ホーム/エデュケーションにおける人類学の応答可能性に向けて」
(2018年3月28日, 名古屋)

オンラインジャーナル『シノドス』に
編著『子どもたちの生きるアフリカ』の紹介記事掲載 (2018年3月20日)
「「アフリカの子ども」から私たちが学べること:
『子どもたちの生きるアフリカ』刊行にあたって」

フランス・アフリカ学会で講演 (2018年3月15日, パリ, ケ・ブランリ美術館)
"Une ethnographie des enfants Baka :
de petits chasseurs cueilleurs dans la forêt camerounaise" [フランス語]

[講演会のウェブページ]

社会科学高等研究院 (EHESS) 日仏財団 (FFJ) 主催ラウンドテーブル
"Rôles et paroles des chercheurs en sciences sociales face à une société de confrontation" で講演
(2018年3月13日, パリ, 社会科学高等研究院 (EHESS))
"Discours racistes et le rôle de l'anthropologie :
le cas des controverses sur un essai du journal qui prône l'apartheid en 2015 au Japon" [フランス語]

[ラウンドテーブルのウェブページ]

日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」最終シンポジウムを開催します
「フィールド/ホーム/エデュケーションにおける人類学の応答可能性に向けて」
(2018年3月28日, 名古屋)
[予定報告タイトル]
亀井伸孝「人種主義との格闘を通して: 中等教育、大学教育、一般社会啓発における人類学の役割」

パリ第8大学 « Structures formelles du langage » 研究室 (UMR 7023) 主催
セミナー « Langue des signes et gestualité » で発表 (2018年3月5日, パリ)
"La diversité des langues des signes dans la francophonie :
le cas d'une langue des signes commune en Afrique francophone" [フランス語による]

[Structures formelles du langage (UMR 7023)]
[Langue des signes et gestualité]

人類博物館・学際セミナーで発表
"Les petits chasseurs-cueilleurs dans la forêt :
ethnographie des enfants chez les Baka au Cameroun" [フランス語による発表]
(2018年2月22日, パリ)

[セミナー配布資料] (PDF, フランス語)

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院 (SOAS) 言語文化言語学部言語学科
SOAS 言語学セミナーシリーズで発表
"The creation of a contact sign language in West and Central French-speaking Africa" [英語による発表]
(2018年2月19日, ロンドン)

[セミナーのウェブページ]

社会科学高等研究院 (EHESS) セミナー「Les Deaf Studies en question」
セッション「Les recherches linguistiques sur les communautés sourdes et signantes」で発表
"La langue des signes de contact en Afrique francophone :
recherche anthropologique et linguistique sur le terrain" [フランス語による発表]
(2018年2月14日, パリ)

[セミナーのウェブページ]

編著書『アクション別フィールドワーク入門』(世界思想社) が
日本学生支援機構の日本留学試験「日本語」における問題文として出題! (2018/02/02)
全国16都道府県および世界14か国・地域(17都市)の会場で、計23,447人が受験

『子どもたちの生きるアフリカ』
映像講義配信メディア『10MTVオピニオン』のコラムで紹介 (2018/02/01)

コラムを読む (外部リンク) >> 「近い将来、アフリカの子どもたちが世界の主役となっていく」

■2018年1月のまとめ日記 (2018/01/31)

日本文化人類学会大会における分科会「アフリカ子ども学と文化人類学」採択!
2018年6月2-3日、弘前大学にて開催 (2018/01/23掲載)

[開催予定の分科会]
[『子どもたちの生きるアフリカ』ウェブページ]

ストラスブール大学、UMR Dynamiques Européennes のセミナー
« Mondialisation et mutations sociales en Afrique » における招待講演開催
"La mobilité des sourds urbains en Afrique :
la création de la langues des signes commune en Afrique Francophone"
(フランス語による) (2018年1月10日)

[セミナーのポスター]
[UMR Dynamiques Européennes]
[ストラスブール大学]

ストラスブール大学における招待講演
2018年1月10日に開催予定 (2018年1月8日掲載)
[セミナーのポスター]
[ストラスブール大学]

■パリ日記: フランスの年末年始の風景/
新年明けましておめでとうございます (2018/01/01)

新年明けましておめでとうございます (2018/01/01)

[過去の新着情報]

おもな更新
日替わり情報
自己紹介
研究活動
おもな共同研究
おもな著書
教育・学内業務
社会的活動
2018年度前期

[愛知県立大学]
「研究演習 (国際文化; 国際関係)」(終了)
「研究各論 (文化人類学 II)」(終了)
「研究各論 (アフリカ研究)」(終了)
「研究概論」(終了)

[愛知県立大学大学院博士前期課程]
「文化人類学研究 (総論)」(終了)
「国際文化論」(終了)

[教歴・学内業務歴]
[論文指導・ゼミ担当歴]



矢印このページのトップへ    亀井伸孝日本語の目次へ

All Rights Reserved. (C) 2003- KAMEI Nobutaka
このウェブサイトの著作権は亀井伸孝に属します。