AACoRE > Laboratories > Kamei's Lab > Index in Japanese
ILCAA
亀井伸孝の研究室
最終更新: 2016年9月24日

亀井伸孝

コートジボワール共和国におけるろう者コミュニティと手話言語に関する現地調査 (2016/08-09) 新着!

「アビジャン便り」を寄稿しました
>> 国際関係学科公式学生ブログ (2016/08/28)
新着!

フランス語圏アフリカ手話 (LSAF) のDVD辞典のための動画編集研修を実施
(2016/08-09, アビジャン)
新着!

コートジボワール滞在中に講演を3回しました(フランス語圏アフリカ手話で2回、フランス語で1回)

コートジボワールろう者諸団体対象特別セミナー「コートジボワールにおける手話言語研究に関する研修会」
20人以上のコートジボワールのろう者(諸団体代表者たち)とともに開催!(2016/09/03, アビジャン)
新着!
[チラシ (フランス語) (PDF)]
seminar20160903

特別講演会「コートジボワールにおける手話言語研究」
約25人のコートジボワールのろう者とともに開催!(2016/09/10, アビジャン)
新着!
[チラシ (フランス語) (PDF)]

コートジボワール教育省小学校教員対象手話研修で約70名を対象にゲスト講義 (2016/09/09, アビジャン) 新着!
atelier20160909

京都人類学研究会7月季節例会+「応答の人類学」シンポジウム
「Teaching Anthropology の挑戦:調査と教育と社会の結節点を探る」を開催しました (2016/07/16, 京都大学)

開催記録 >> 「応答の人類学」ウェブサイト

[過去のトップニュース]
Google
WWW を検索 kamei.aacore.jp/ を検索

新着情報
愛知県立大学国際関係学科における教育実践の取り組みが本になりました (2016/09/24) 新着!
河合塾編. 2016. 『大学のアクティブラーニング: 導入からカリキュラムマネジメントへ』東京: 東信堂.
[本の情報] [河合塾のアクティブラーニング調査]
■アビジャン調査のまとめ (1) ムスリムろう者たちとの親交深まる (2016/09/19) 新着!
■アビジャンで知り合ったアニメ作家 (2016/09/18) 新着!
■マザー・テレサとシュバイツァー:聖人と植民地主義批判 (2016/09/06) 新着!
「アビジャン便り」を寄稿しました
>> 国際関係学科公式学生ブログ (2016/08/28)
新着!
フランス語圏アフリカ手話 (LSAF) のDVD辞典のための動画編集研修を実施
(2016/08-09, アビジャン)
新着!
特別講演会「コートジボワールにおける手話言語研究」
約25人のコートジボワールのろう者とともに開催!(2016/09/10, アビジャン)
新着!
[チラシ (フランス語) (PDF)]
コートジボワール教育省小学校教員対象手話研修で約70名を対象にゲスト講義 (2016/09/09, アビジャン) 新着!
コートジボワールろう者諸団体対象特別セミナー「コートジボワールにおける手話言語研究に関する研修会」
20人以上のコートジボワールのろう者(諸団体代表者たち)とともに開催!(2016/09/03, アビジャン)
新着!
[チラシ (フランス語) (PDF)]
■2016年8月のまとめ日記:共存を望む声と拒む声 (2016/08/31) 新着!
■おもしろうて、やがて悲しき調査かな:フィールドワーカーの気分の変遷 (2016/08/30) 新着!
■アビジャン便り (2016/08/28) 新着!
コートジボワール共和国におけるろう者コミュニティと手話言語に関する現地調査 (2016/08-09) 新着!
■フランス語圏の大都市はもはや「パリとモントリオール」ではない:人口に見るアフリカの躍進 (2016/08/17) 新着!
総合地球環境学研究所オープンハウスポスター研究発表会
「世界と出会う大学生: 愛知県立大学と地球研のコラボレーション企画」 (2016/08/05)
新着!
[大学による公式報道] (PDF)
■2016年7月のまとめ日記:父の逝去 (2016/07/31)
京都人類学研究会7月季節例会+「応答の人類学」シンポジウム
「Teaching Anthropology の挑戦:調査と教育と社会の結節点を探る」を開催しました (2016/07/16, 京都大学)

開催記録 >> 「応答の人類学」ウェブサイト
愛知県立大学国際関係学科は、イオンモール常滑にて「旅の写真展」を開催します
(2016/06/25-26, イオンモール常滑)
[大学公式サイトによる告知] [学生ブログの広報記事]
【日時】2016年6月25日(土)、26日(日)10:00〜18:00(ただし日曜日は17時で閉幕)
【会場】イオンモール常滑 2階 イオンホールB(名鉄「りんくう常滑」駅より徒歩1分)
【内容】国際関係学科の学生、卒業生、教員たち62人が、世界38か国・地域で撮影した102点の写真作品の展覧会です。
土曜の午後、日曜の午前・午後には、学生たちによる留学やボランティアなどの
海外体験ショートプレゼンテーションも予定しています。
入場無料。どなたでもご自由におこしください。
日本アフリカ学会第53回学術大会で
フォーラム「アフリカの「障害と開発」」(代表者: 亀井伸孝) を開催 (2016/06/04)

日本文化人類学会で発表
「学生たちの潜在能力を活用するフィールドワーク教育:
愛知県立大学国際関係学科「旅の写真展」の実践報告」 (2016/05/29)

NHK Eテレ「手話ニュース845」でアジア経済研究所での講演の様子が放送されました
「アフリカ支援は障害の主流化を」(2016/05/24火, 20:45-21:00)
下記のNHKウェブサイト (5/24火のコーナー) で、およそ1週間後まで閲覧できます
[NHK手話ニュース845のウェブサイト]
日本貿易振興機構アジア経済研究所
連続専門講座「TICAD VI の機会にアフリカ開発を考える」で講演
「西アフリカにおける「障害と開発」: セネガルの事例を中心に」 (2016/05/20)

国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2016年中間会議で発表
「「文化の違いを口実にした隔離」?: 現代日本の文脈におけるアパルトヘイト容認言説と文化人類学/者の役割」
パネル147「新しい自由を求めて?: 人類学的記述の公共的関与の空間への導入」
(パネル主催者: Fiona Murphy, Keith Egan and Jonathan Skinner)
(2016/05/07, クロアチア, ドゥブロヴニク)

[配布資料] (PDF, 英語)
[国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2016年中間会議]
日本貿易振興機構アジア経済研究所・連続専門講座
「TICAD VI の機会にアフリカ開発を考える」参加者募集中!
「コース2: アフリカの『障害と開発』を考える」【手話通訳あり】 (2016/05/20, ジェトロ本部)

クロアチア・ドゥブロヴニクにおける国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2016年中間会議の発表要旨掲載
""Segregation in the name of cultural differences" ? :
Pro-apartheid discourses in contemporary Japanese contexts
and the role of cultural anthropology/anthropologists" by Nobutaka KAMEI (2016/04/10)

澁澤民族学振興基金民族学振興プロジェクト助成
「「大学教育とフィールドワーク」に関する実践経験交流と教材・指導書開発」
事業終了、報告書を掲載 (2016/04/10)

科学研究費助成事業 (科学研究費補助金) (基盤研究 (A))
「応答の人類学: フィールド、ホーム、エデュケーションにおける学理と技法の探求」(研究代表者: 清水展)
文化人類学分野で採択! (2016/04/01)

科学研究費助成事業 (学術研究助成基金助成金) (基盤研究 (C))
「フランス語圏アフリカ手話の記載的研究に基づく言語・知識資源の理論構築」(研究代表者: 亀井伸孝)
言語学分野で採択! (2016/04/01)

愛知県立大学2015年度卒業式 (2015/03/21)
愛知県立大学公開講座「環境と資源から見る国際社会: 21世紀の世界と日本」
および嘉田由紀子前滋賀県知事の学術講演会「アフリカでのコップ一杯の水の価値発見から琵琶湖保全へ」
愛知県立大学多文化共生研究所の雑誌『共生の文化研究』特集として刊行 (2016/03/31)

[公開講座のページ] [学術講演会のページ]
『森の小さな〈ハンター〉たち: 狩猟採集民の子どもの民族誌』
青山学院女子短期大学2016年度入学試験「国語」で出題 (2016/01-02ころ)

『いのちはどう生まれ、育つのか: 医療、福祉、文化と子ども』のうち「さまざまな体、さまざまな文化」
神奈川学園中学校2016年度中学入学試験(A午前)で出題 (2016/01-02ころ)

英語版ページ「第8回アフリカ言語学会議 (WOCAL8)」
フランス語版ページ日本語版ページ新設 (2016/03/18)
ワークショップ「アフリカの子どもの暮らし」
日本、セネガル、ブルキナファソ、フランスの研究者たちにより
セネガルのガストン・ベルジェ大学で開催! (2016/03/15, サンルイ)
亀井発表: 「熱帯雨林におけるバカピグミーの子どもたちの生活と学校教育」(フランス語による発表)

セネガル全国ろう者協会 (ANASSEN) 主催の特別講演会
25人のセネガルろう者の参加を得て開催! (2016/03/12)
「セネガルろう者におけるフィールドワーク報告: 手話言語コミュニティ形成史」
(フランス語圏アフリカ手話による講演)

[チラシ (フランス語) (PDF)]
国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2016年中間会議の発表要旨採択! (2016/03/04)
タイトル: ""Segregation in the name of cultural differences" ? : Pro-Apartheid discourses
in contemporary Japanese contexts and the role of cultural anthropology/anthropologists"
(「「文化の違いを口実にした隔離」?:
現代日本の文脈におけるアパルトヘイト容認言説と文化人類学/者の役割」)
2016年中間会議は、5月にクロアチアのドゥブロヴニクで開催されます
[国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2016年中間会議]
セネガル、サンルイ市のガストン・ベルジェ大学で
アフリカ子ども学ワークショップが開かれます (2016/03/15)
[ガストン・ベルジェ大学]
セネガルにおける現地調査 (2016/03)
『日本聴力障害新聞』に大学での手話通訳要望に関する記事が掲載 (2016/03/01)
岩波ジュニア新書『いのちはどう生まれ、育つのか: 医療、福祉、文化と子ども』掲載の章が
教文社『中1達成度評価問題』の「国語」問題文に採用されました!
(2016/01ころ, 岩手県内の中学校の試験で利用)

セネガルにおける障害をもつ人びとの現地調査の成果が出版されました! (2016/02/18)
「セネガルにおける障害者の政策と生活: 「アフリカ障害者の10年」地域事務局と教育、運動、労働」
『アフリカの「障害と開発」: SDGsに向けて』(日本貿易振興機構アジア経済研究所)

産経新聞のアパルトヘイトコラム掲載から1年
SYNODOS 掲載論考を再度ご覧ください (2016/02)

>> 亀井伸孝「「文化が違うから分ければよい」のか: アパルトヘイトと差異の承認の政治」
愛知県立大学国際関係学科の卒業論文審査すべて終了! (2016/02/10)
■文化人類学と開発実践の対立と和解: 少し理屈っぽい映画評『クロスロード Crossroads』 (2016/02/07)
■世界幸福度ランキングと世界大のアパルトヘイトシステム (2016/01/31)
■パスポートの通称姓サイン拒否問題(その2): 愛知県旅券センターの二枚舌 (2016/01/24)
■学内の手話通訳問題(その2): 今後の基本姿勢確認というひとつの達成 (2016/01/17)
■卒業論文指導、最後の1週間: 「苗床」としての研究室の意義 (2016/01/09)
■ミニマル・ツールにして「万能の小窓」ツイッターの思想に学ぶ (2016/01/02)
■謹賀新年2016年 (2016/01/01)
新年明けましておめでとうございます (2016/01/01)
■2015年のまとめ日記: 「ムリしない、ムリしない」で過ごしたこの1年 (2015/12/31)
■通称姓サイン入りのパスポートを取得するまで (2015/12/30)
シノドス寄稿論考「「文化が違うから分ければよい」のか――アパルトヘイトと差異の承認の政治」が
「2015年に読まれた記事 第7位」に選ばれました (2015/12/30)
[シノドスによる発表ツイート]
[論考掲載ページ]
[関連する特設ページ]
■学内の手話通訳配置拒否をめぐるゴタゴタ (2015/12/27)
■ロボットに代替されにくい職種としての大学教員/人類学者 (2015/12/20)
■「抑圧された人が、なぜ今度は抑圧するの?」をめぐる諸問題: 「蜘蛛の糸現象」と自己中な人間 (2015/12/13)
愛知県立大学公開講座「環境と資源から見る国際社会: 21世紀の世界と日本」全講義終了しました (2015/12/12)
■自立を促すフィールドワーク教育へ: 東南アジア学会のシンポジウムに参加して (2015/12/06)
東南アジア学会第94回研究大会、
フィールドワーク教育に関する総合シンポジウムの招待コメンテータ (2015年12月6日, 東京)

研究会「中等教育とフィールドワーク」開催報告を掲載 (2015/12/05, 京都)
第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8) (2015年8月, 京都) 手話分科会の開催報告が刊行!
宮本律子・秋山奈巳・亀井伸孝「第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8) 手話分科会の運営をふりかえって」
『手話学研究』(日本手話学会) 24 (2015/12/01)

第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8) (2015年8月, 京都) 全体講演の日本語全訳が刊行!
サノゴ, イェデ・アダマ/亀井伸孝
「アフリカろう者コミュニティによる手話言語研究の促進: フランス語圏西・中部アフリカの事例」
『手話学研究』(日本手話学会) 24 (2015/12/01)

東南アジア学会大会シンポジウム
「フィールドに学ぶ東南アジア: 体験学習から研究者・実務家養成まで」
コメンテータとして登壇予定 (2015/12/06, 早稲田大学)

研究会「中等教育とフィールドワーク」を開催します (2015/12/05, 京都)
■「ユニバーサル・ミュージアム」シンポジウムで学んだ統合と分離の微妙な感じ (2015/11/29)
愛知県立大学国際関係学科「フィールドワーク・フェスタ2015・旅の写真展」閉幕 (2015/11/24)
愛知県立大学外国語学部卒業論文〆切 (2016年1月8日(金)15:00) までの
1/100秒刻みのカウントダウンクロックを設置 (2015/11/22)

■能ある鷹は爪を出せ: 国際関係学科「旅の写真展」5年間の軌跡 (2015/11/21)
■多様性ってなんだろう/フランス語づけの日々 (2015/11/14)
■戸籍姓はくじ引きで決めよう: 姓の決定権をめぐる政治 (2015/11/07)
■聞こえる人の方を向いて創られた手話の映画: 映画評『エール!』 (2015/11/03)
(ネタバレのない、ただしやや辛口の映画評です)

■Happy Halloween!/ウェブサイト開設12周年 (2015/10/31)
祝・このウェブサイト開設12周年 (2003年10月30日より)!(2015/10/30)
「このウェブサイトの歴史」の英語版 "History of the website of the Laboratory of KAMEI Nobutaka"
およびフランス語版 "L'histoire du site web du Laboratoire de KAMEI Nobutaka" 開設
(2015/10/30)
日本子ども学会での招待講演: 第4回子ども学カフェ「アフリカ子ども学の試み:そのねらいと展望」
(2014年4月26日, 慶應義塾大学三田キャンパスにて実施)
講演録が学会ウェブサイトに掲載 (2015/10/23)

編著『支援のフィールドワーク』日本文化人類学会誌『文化人類学』書評にて紹介!(2015/09/30)
■政策の決定権はだれの手に: エレベータのふたつのボタン (2015/10/24)
愛知県立大学公開講座「環境と資源から見る国際社会: 21世紀の世界と日本」
約80名の参加とともに開講!(2015/10/24)

愛知県立大学学術講演会・嘉田由紀子前滋賀県知事
「アフリカでのコップ一杯の水の価値発見から琵琶湖保全へ: 学者40年・滋賀県知事8年の経験から伝えたいこと」
約200名の参加を得て盛況に開催!(2015/10/19開催, 愛知県立大学)

中日新聞で紹介されました!「嘉田前滋賀知事 川や湖保全語る」
『中日新聞』2015年10月20日朝刊 16ページ「なごや東版」

「おせわになった出版社・発行元」ページの英語版 "List of publishers"
およびフランス語版 "La liste des éditeurs" 掲載 (2015/10/17)
■記録はだれのものか: ユネスコ記憶遺産と国家と市民の知る権利 (2015/10/17)
社会人大学院生募集中 (2015/10/14)
愛知県立大学大学院国際文化研究科では、社会人大学院生を募集しています。
関心のある市民の方がたのお問い合わせを歓迎します。
愛知県立大学大学院国際文化研究科のウェブサイト
社会人大学院生募集!のチラシはこちら
2016年度春期入試 (2016/02/13土) と説明会 (2015/12/14月 長久手; 12/20日 名駅) のポスターはこちら
フランス語版「研究業績 (発表)」ページ "La liste des présentations" 全面改訂 (2015/10/11)
過去の発表実績 (1998-2015年) すべてをフランス語で掲載

■ノーベル賞と日本人論 (2015/10/10)
愛知県立大学公開講座「環境と資源から見る国際社会: 21世紀の世界と日本」
10/24土, 11/7土, 11/28土, 12/12土の4回のすべての講義に、手話通訳が付くことが決まりました。
ろう者市民のみなさまの参加を歓迎します!(2015/10/06)

■イソップ童話「ガチョウと黄金の卵」風「もんかしょう男とだいがくガチョウ」 (2015/10/04)
■2015年、久しぶりの国内での夏休みを振り返る (2015/10/03)
もういくつ寝るとお正月(2016)?
[1/100秒きざみのカウントダウン・クロック]

フランス語版の「共同研究」のページ "La recherche collaborative" 掲載 (2015/09/29)
英語版の「共同研究」のページ "Collaborative research" 掲載 (2015/09/29)
公益信託澁澤民族学振興基金民族学振興プロジェクト助成
「「大学教育とフィールドワーク」に関する実践経験交流と教材・指導書開発」
ウェブページ新設 (2015/09/25)

愛知県立大学公開講座「環境と資源から見る国際社会: 21世紀の世界と日本」
参加者募集開始!【要申し込み、先着順、参加費: 全講義通しで1,000円】
一般市民の方がた、他大学の学生や中高生のみなさまの参加歓迎!
手話通訳ご希望の方は事前にご連絡ください
(2015/10-12, 土曜日に4回開催, 愛知県立大学)

[愛知県立大学公開講座チラシはこちら] (PDF)
[公開講座のテキストちょっと立ち読み] (PDF)
愛知県立大学学術講演会・嘉田由紀子前滋賀県知事
「アフリカでのコップ一杯の水の価値発見から琵琶湖保全へ:
学者40年・滋賀県知事8年の経験から伝えたいこと」
参加者募集開始!【要申し込み、先着順、参加費無料】
一般市民の方がた、他大学の学生や中高生のみなさまの参加歓迎!
手話通訳ご希望の方は事前にご連絡ください
(2015/10/19開催, 愛知県立大学)

[嘉田由紀子講演会のチラシはこちら] (PDF)
フランス語版の研究業績一覧 (刊行) ページ "La liste des publications" 新設 (2015/09/21)
フランス語版の研究助成ページ "Les fonds de recherche" 新設 (2015/09/06)
フランス語版の行事予定ページ "Le programme de l'année 2015" 新設 (2015/09/05)
フランス語版の履歴書ページ "Le curriculum vitæ" 新設 (2015/09/05)
第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8) 全体講演
"Promotion of sign language research by the African Deaf community:
The cases in West and Central French-speaking Africa"
by Sanogo Yédê Adama (Côte d'Ivoire) and Kamei Nobutaka (Japan)
(「アフリカろう者コミュニティによる手話言語研究の促進: フランス語圏西・中部アフリカの事例」
サノゴ・イェデ・アダマ (コートジボワール)・亀井伸孝 (日本))
(2015/08/23, 京都, 京都大学)

[イェデ・亀井による共同全体講演のプログラム] (PDF, 英語)
[亀井による [第1部] および [まとめ] のPowerPoint スライド資料] (PDF, 英語)
[イェデによる [第2部] のPowerPoint スライド資料] (PDF, 英語)
第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8) で「アフリカ手話言語分科会」を開催!
(2015/08/23, 京都, 京都大学)

第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8) 開催!(2015/08/20-24, 京都, 京都大学)
[第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8) 公式サイト]
中部経済連合会『中経連』の記事「中部圏の国際化に向けて」に取材協力 (2015/07/01)
[記事を読む (PDF)]
在日本トーゴ共和国大使館スティーブ・アクレソ・ボジョナ臨時代理大使講演会
"Afrique : démocratie, développement et bonne gouvernance"
(「アフリカ : 民主主義・開発・統治」) (2015/06/29, 愛知県立大学)
[トーゴ大使特別講演会のチラシ] (PDF, 日本語/フランス語)

[トーゴ大使館によるお知らせ] (日本語/フランス語)
[トーゴ大使館による特別講演会開催報告 (写真あり)] (日本語)
[トーゴ大使、愛知県立大学のアフリカ研究の授業に参加] (日本語)
Facebook: Ambassade du Togo au Japon/トーゴ共和国大使館 (日本語/フランス語)

[過去の新着情報]

おもな更新
日替わり情報
WOCAL8 仏語版日本語版 (2016/03/18)
「今後の予定: 2016年」//
(2015/12/08)
「このウェブサイトの歴史」英語版仏語版
(2015/10/30)
「おせわになった出版社」の英語版仏語版 (2015/10/17)
「共同研究」英語版仏語版 (2015/09/29)
澁澤民族学振興基金助成 (2015/09/25)
フランス語版研究業績一覧 (刊行) (2015/09/21)
愛知県大公開講座嘉田由紀子講演会のページ新設 (2015/09/08)
フランス語版研究助成 (2015/09/06)
フランス語版行事予定 (2015/09/05)
フランス語版履歴書 (2015/09/05)
WOCAL8 ページ新設 (2015/08/30)
『いのちはどう生まれ、育つのか』
紹介ページを開設 (2015/04/13)

NHK「あさイチ」ページ開設 (2015/03/22)
シノドス論考ページを新設 (2015/03/05)
フランス語版のニュースアーカイブ (2015/01/01)
今後の予定2015(日本語英語)掲載 (2014/11/08)
「過去のトップニュース」(日本語英語仏語) (2014/11/08)
「報道、メディアでの紹介」掲載 (2014/08/20)
シンポジウム「大学で学ぶ文化人類学」掲載 (2014/07/17)
『公共人類学』掲載 (2014/06/15)
フランス語ウェブサイト新設 (2013/03/14)
英語版ウェブサイト新設 (2003/11/23)
このウェブサイト新設 (2003/10/30)

[このウェブサイトの歴史]

自己紹介
研究活動
おもな共同研究
おもな著書
教育・学内業務
社会的活動
2016年度後期

【愛知県立大学】
「研究演習 (国際文化)」
「研究演習 (国際関係)」
「研究各論 (文化人類学 II)」
「プロジェクト型演習」
「基礎演習 I」
「多文化社会とコミュニケーション」

【愛知県立大学大学院博士後期課程】
「人類学研究特講」

[教歴・学内業務歴]
[論文指導・ゼミ担当歴]



矢印このページのトップへ    亀井伸孝日本語の目次へ

All Rights Reserved. (C) 2003- KAMEI Nobutaka
このウェブサイトの著作権は亀井伸孝に属します。