AACoRE > Laboratories > Kamei's Lab > Index in Japanese
ILCAA
亀井伸孝の研究室
亀井伸孝

過去の新着情報

日本語 / English / Français
最終更新: 2016年9月13日

[2015] [2014] [2013] [2012] [2011] [2010] [2009] [2008] [2007] [2006] [2005] [2004] [2003]


2015年

日本文化人類学会で発表
「言語と身体の資源人類学: ポスト・フォスター期の西・中部アフリカろう者コミュニティ動態史」(2015/05/31, 大阪)

日本文化人類学会で分科会コメンテータ
「人類学教育と応答性: 人類学者の再生産モデルを超えて」 (2015/05/30, 大阪)

日本アフリカ学会で発表
「ブルキナファソろう者社会調査報告: 手話の主導権をめぐる政治」(2015/05/23, 犬山)

太田出版『atプラス』にインタビュー掲載
「「同化か/隔離か」の暴力にあらがう: 文化人類学者に求められているもの」 (2015/05/15)

『atプラス』24号の購入はこちら
アフリカ日本協議会『アフリカNOW』でアパルトヘイト特集
SYNODOS「「文化が違うから分ければよい」のか」関連記事を掲載 (2015/04/30)

『アフリカNOW』102号 (アパルトヘイト特集) の冊子(1部500円)の購入はこちら
『アフリカNOW』102号 (アパルトヘイト特集) のPDF版ファイル(540円)ダウンロードはこちら
岩波ジュニア新書『いのちはどう生まれ、育つのか: 医療、福祉、文化と子ども』
紹介ページを開設 (2015/04/13)

公益信託澁澤民族学振興基金民族学振興プロジェクト助成
「「大学教育とフィールドワーク」に関する実践経験交流と教材・指導書開発」採択 (2015/04)

本プロジェクトの元となったシンポジウム >>
公開シンポジウム「大学で学ぶ文化人類学:フィールドワーク教育の試みと可能性」(2014/07/26, 名古屋)
コートジボワールでフランス語圏アフリカ手話 (LSAF) 動画辞典プロジェクトのワークショップ
(2015/03/30, アビジャン)

補足記事「学生たちが考えた創作バナナ料理」「バナナ味噌おでん」
「学生主体の広報活動から生まれた企画」「バナナ食とダイエット」
「アフリカでのバナナの食べ方」「バナナとトマトとオクラ、三大陸が出会った一皿」
「アフリカの主食って何でしょう」「授業で料理、課外で料理」を掲載

3/31(火)のNHK総合テレビ「あさイチ」に出演
バナナ料理の特設ページを開設 (2015/03/31火8:15〜 放送)

愛知県立大学国際関係学科の学生たちとNHK「あさイチ」の取材を受けました!
「3/31 NHK総合テレビ「あさイチ」に国際関係学科が!?」(2015/03/22)
愛知県立大学国際関係学科「公式学生ブログ」

愛知県立大学2014年度卒業式 (2015/03/21)
愛知県立大学外国語学部紹介動画、YouTube に公開! (2015/03/20)
愛知県立大学を紹介する動画ページ「県大シアター」開設 (2015/03/20)
コートジボワールにおけるろう者コミュニティと手話言語の調査 (2015/03, アビジャン)
岩波ジュニア新書『いのちはどう生まれ、育つのか: 医療、福祉、文化と子ども』
(道信良子編, 東京: 岩波書店) 刊行!(2015/03/20)
亀井伸孝担当章「さまざまな体、さまざまな文化」(1-13)

[岩波書店のページ]
京都人類学研究会シンポジウム「人類学にとっての身体と記憶」で発表 (2015/03/15)
3/31(火)のNHK総合テレビ「あさイチ」に出演(予定)
「スゴ技Q」のコーナーで学生たちとバナナ料理を紹介 (2015/03/31火8:15〜(予定))

[NHK総合テレビ「あさイチ」ウェブサイト]
『グローバル化と文化の境界: 多様性をマネジメントするヨーロッパの挑戦』
(竹中克行編. 2015. 京都: 昭和堂) 刊行!(2015/03/20)
亀井伸孝担当章「第8章. アフリカとヨーロッパ: 人種主義と収奪の諸世紀を越えて」(131-147)

[昭和堂のページ]
「ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究」
第10回研究大会でポスター発表 (2015/03/07-08, 高知市)

SYNODOS (シノドス) 掲載の論考
「「文化が違うから分ければよい」のか: アパルトヘイトと差異の承認の政治」
のサポートページを新設 (2015/03/05)

『手話の世界を訪ねよう』大阪体育大学2015年度入試問題で出題 (2015/01-02頃)
同時代の日本社会の文脈におけるアパルトヘイト擁護の思想と言説に抗うために:
曽野綾子氏の産経新聞掲載コラムに関連して
Academic Journalism SYNODOS (シノドス) に論考を寄稿
「「文化が違うから分ければよい」のか: アパルトヘイトと差異の承認の政治」
(2015/02/25)

曽野綾子. 2015. 「透明な歳月の光: 労働力不足と移民」『産経新聞』2015年2月11日朝刊. 7.
「公開書評会『公共人類学』:著者と読者の対話」議事録を公開 (2015/02/21)
今年度の修士論文審査終了 (2015/02/18)
>> [2014年度指導・審査担当修士論文タイトル一覧]
日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」において
「公開書評会『公共人類学』:著者と読者の対話」を開催 (2015/02/08, 大阪)

>> 『公共人類学』(山下晋司編, 2014, 東京: 東京大学出版会)
今年度のゼミ生の卒業論文 (2015/02/05)
>> [ゼミ生たちの卒業論文タイトル一覧] [国際関係学科ブログ記事「亀井ゼミ 卒論発表会」]
新年明けましておめでとうございます (2015/01/01)


2014年

教育実践報告「映像技術を中心としたフィールドワーク技法の教育と成果の社会還元」
(2014/12/17, 愛知芸術文化センター)

>> 愛知県大活性化事業「映像技術を中心としたフィールドワーク技法の教育と成果の社会還元」
「ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究」第2回国際会議 (RNMH2014) で発表
(2014/12/04, 北海道伊達市)

愛知県立大学国際関係学科の行事報告2件掲載
[ワールド・コラボ・フェスタ2014報告] (2014/10/25-26)
[フィールドワーク・フェスタ2014報告] (2014/11/17-12/01)
『遊びの人類学ことはじめ』長崎県立長崎図書館ニュースレター『いしだたみ』で紹介 (2014/11)
日本文化人類学会次世代育成セミナーにおけるコメンテータ (2014/11/22, 一橋大学)
セネガルにおける西アフリカの障害者の調査 (2014/10-11, ダカール)
国立民族学博物館編『世界民族百科事典』(丸善) 刊行! (分担執筆者として参加) (2014/07/10)
『中日新聞』「地球の子どもたち: カメルーン (下) 仲間と秘密基地づくり」掲載 (2014/09/14朝刊)
学会招待講演「アフリカ子ども学のねらい: 私たちがアフリカから学べること」
日本子ども学会学術集会第11回子ども学会議「文化的・社会的存在としての子ども」
(2014/09/28, 東京・調布, 白百合女子大学)

日本子ども学会で招待シンポジウム「アフリカ子ども学の試み: 文化的・社会的環境で育つ子ども」を開催します
(2014/09/28, 東京・調布, 白百合女子大学)

静岡県立大学の集中講義 (2014/09/24-26, 静岡)
ブルキナ全国聴覚障害者協会連合 (UNADAB) 主催特別セミナー
(共催: 亀井伸孝研究室・総合地球環境学研究所)
「西・中部アフリカにおけるアンドリュー・フォスターの遺産を求めて:
1997-2014年、カメルーンからブルキナファソまでの9カ国における現地調査」
約60人のブルキナのろう者たちの参加を得て盛況に開催 (2014/09/14, ブルキナファソ, ワガドゥグ)

[チラシ (フランス語) (PDF)]
「エボラとデング熱」の夏休みに思う: グローバル化の時代に感染症の素養を (2014/09/10)
『中日新聞』「地球の子どもたち: カメルーン (上) 森で生きる知恵学ぶ」掲載 (2014/09/07朝刊)
在ブルキナファソ日本大使館主催ワークショップ「アフリカ子ども学の試み」(2014/08/20, ブルキナファソ, ワガドゥグ)
『中日新聞』「この人」欄の記事で紹介 (2014/08/19朝刊)
ブルキナファソにおける子どもとろう者コミュニティの調査 (2014/08-09, ワガドゥグほか)
【満員御礼】公開シンポジウム「大学で学ぶ文化人類学:フィールドワーク教育の試みと可能性」
約120人のご参加をいただいて盛大に開催! (2014/07/26, 名古屋)

開催報告をアップしました >> [こちら] (PDF)
『公共人類学』(山下晋司編, 2014, 東京: 東京大学出版会) 刊行!(分担執筆者として参加) (2014/07/23)
【一般参加歓迎】公開シンポジウム(手話通訳あり)
「大学で学ぶ文化人類学:フィールドワーク教育の試みと可能性」特設ウェブページを開設! (2014/07/26, 名古屋)

【一般参加歓迎】公開シンポジウム(手話通訳あり)
「大学で学ぶ文化人類学:フィールドワーク教育の試みと可能性」 (2014/07/26, 名古屋)

[シンポジウムのちらし] (PDF)
科研費挑戦的萌芽研究「同時代の喫緊課題に対する文化人類学の<応答>可能性の検討」採択 (2014/04)
日本アフリカ学会編『アフリカ学事典』刊行! (分担執筆者として参加) (2014/06/30)
>> [昭和堂のページ]
日本アフリカ学会発表「セネガル障害者調査予備報告」 (2014/05/24-25, 京都)
日本文化人類学会発表「障害をもつ子どもの生態人類学的理解」 (2014/05/18, 千葉, 幕張メッセ)
日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」第13回研究会
「人種主義再燃の同時代における文化人類学の役割」
バナナを食べながら、反人種主義の過去と現在について議論しましょう (2014/05/16, 千葉, 幕張)

[プログラム] (PDF)
国際人類学民族科学連合 (IUAES) 2014年中間会議
分科会 "Learning of/with children: Anthropologist at "school"" (2014/05/15, 千葉, 幕張メッセ)

[プログラム] (英文, PDF))
日本子ども学会「子ども学カフェ」招待講演「アフリカ子ども学の試み」 (2014/04/26, 慶応三田)
在日本トーゴ大使館主催「日本人が見たトーゴ」写真展に出品しました (2014/03/18-07/31, 全国各地で巡回開催中)
『愛知県立大学外国語学部年報』に3件の記事 (2014/03/31)
『NHKテキスト: 社会福祉セミナー』にコラム「アフリカの手話の歴史から福祉を学ぶ」(2014/04/01)
論文「愛知県立大学における手話教育に関する学生意識調査報告:
「語学として手話を学びたい」という期待に応える教育の提言」
愛知県立大学高等言語教育研究所『ことばの世界』に掲載 (2014/03/25)

愛知県立大学卒業式: 今年度の指導・審査担当論文掲載 (2014/03/21)
第8回世界アフリカ言語学会議 (WOCAL8)、京都大学で 2015/08/21-24 に開催決定 (2014/02/21)
弘前大学の集中講義 (2014/02/11-14, 弘前)
桃山学院大学・愛知県立大学共催「学生映像作品合同上映会」『外国語学部年報』報告記事 (2014/02/08-09, 大阪)
中部経済連合会と愛知県立大学の共催フォーラム (2014/02/06, 長久手)
桃山学院大学・愛知県立大学共催で「学生映像作品合同上映会」を開催!(2014/02/08-09, 大阪)
新年明けましておめでとうございます (2014/01/01)


2013年

「映像技術を活用したフィールドワーク教育の振興」事業成果を報告 (2013/12/25)
日本アフリカ学会2013「アフリカ子ども学フォーラム」報告が『アフリカ研究』に掲載 (2013/12/31)
世界アフリカ言語学会議 (WOCAL7) 参加報告が『アフリカ研究』に掲載 (2013/12/31)
国際狩猟採集社会会議 (CHaGS10) 参加報告が『アフリカ研究』に掲載 (2013/12/31)
『ケニアの教育と開発』書評が『アフリカ研究』に掲載 (2013/12/31)
第4回アフリカ子ども学研究会 (2013/12/07, 京都・地球研)
国際開発学会で発表「JICAにおける障害者研修と文化人類学的フィールドワークのコラボレーション」 (2013/12/01, 阪大)
愛知県立大学公開講座で授業「アフリカとヨーロッパ」(2013/11/30)
「第1回アフリカ子ども学を語る会」報告が『アフリカ教育研究』に掲載 (2012/12/12)
『手話の世界を訪ねよう』第3刷決定! (2013/10)
国際人類学民族科学連合2012中間会議(インド)参加報告が『文化人類学』に掲載 (2013/09/30)
静岡大学/静岡県立大学の集中講義 (2013/09/20-26, 静岡)
「研究業績一覧 (発表)」フランス語ページ "La liste des présentations" 開設 (2013/09/18)
コートジボワールにおける手話の教材ワークショップで講演 (2013/09/10, アビジャン)
[プログラム (フランス語) (PDF)]
[配布資料 (フランス語) (PDF)]
[付録資料「アフリカの手話言語一覧 (32種類)」 (フランス語) (PDF)]
「所属学会」フランス語ページ "Les associations"、「教歴」の英仏ページ "Classes in the past", "Les classes dans le passé" を新設 (2013/09/08)
コートジボワール特別セミナー「セネガルへの旅」70名のろう者の参加とともに開催 (2013/09/07, アビジャン)
[チラシ (フランス語) (PDF)] [配布資料 (フランス語) (PDF)]
コートジボワールにおけるろう者コミュニティとフランス語圏アフリカ手話 (LSAF) 調査 (2013/08-09, アビジャン)
セネガル全国ろう者協会 (ANASSEN) 特別セミナーで講演 (2013/08/31, ダカール)
セネガルにおける「アフリカ子ども学」研究会関係資料 (2013/08/29, ダカール)
[案内 (フランス語) (PDF)] [案内 (英語) (PDF)] [プログラム (英語) (PDF)]
セネガルで「アフリカ子ども学」研究会 (2013/08/29, ダカール)
セネガルにおける西アフリカの障害者の調査 (2013/08, ダカール, リンゲール, トゥーバ)
愛知県立大学国際関係学科学生オリジナルサイト開設 (2013/07)
CHaGS 10 (第10回国際狩猟採集民会議) で発表 (2013/06/26, イギリス, リヴァプール)
愛知県大活性化事業「映像技術を中心としたフィールドワーク技法の教育と成果の社会還元」
学生のための映像制作ワークショップ開始 (2013/06/19)

愛知県立大学国際関係学科公式ウェブサイトがリニューアル (2013/04/27)
『世界の住まい大図鑑』刊行![カメルーンの写真提供協力] (2013/04/19)
第1回フランス語圏アフリカ手話国際会議報告 (フランス語; 日本語; 英語) (2013/03/31)
『グローバル社会を歩く: かかわりの人間文化学』刊行![分担執筆] (2013/03/30)
プログラム: La première édition de
la Conférence Internationale sur la Langue des Signes d'Afrique Francophone (LSAF) (PDF, in French)
(2013/03/13, Abidjan, Côte d'Ivoire)

フランス語版のウェブサイトを公開しました (2013/03/14)
初のフランス語ウェブページを開設! >> フランス語のトップページ;
フランス語圏アフリカ手話研究所設立準備室 (fr);
コートジボワールの手話辞典 (fr) (2013/03/14)
フランス語圏アフリカ手話研究所設立準備室、コートジボワールのアビジャンで発足 (2013/03/13)
「第1回フランス語圏アフリカ手話国際会議」を開催します
(2013/03/13, コートジボワール, アビジャン)
[招待状] (PDF, in French)
おしゃべりフランセ講演会 (2013/03/08)
Journées portes ouvertes de l'Ecole Ivoirienne pour les Sourds, Côte d'Ivoire での講演 (2013/03/06)
コートジボワール初の手話辞典刊行! (2012/09)
コートジボワールにおけるろう者コミュニティとフランス語圏アフリカ手話 (LSAF) 調査 (2013/03, アビジャン)
さかなとUSB (2013/02/09)
第10回国際狩猟採集民会議 (CHaGS 10) の口頭発表採択 (2013/01/02)
寝正月2013@ソウル (2013/01/02)
謹賀新年2013 (2013/01/01)


2012年

マイ重大ニュース2012 (2012/12/31)
愛知県立大学「映像技術を中心としたフィールドワーク技法の教育と成果の社会還元」事業採択 (2012/12/25)
インド日記2012 (2012/12/02)
IUAES (国際人類学民族科学連合) 中間会議で分科会主催・発表 (2012/11/30, インド)
「交替劇」国際会議でポスター発表 (2012/11/18-24, 東京)
行事のお知らせ「フィールドワークの失敗学」 (2012/11/10, 東京)
カメルーンにおける狩猟採集民の子どもの調査 (2012/08-09)
WOCAL7 (世界アフリカ言語学会議) で発表 (2012/08/23, カメルーン)
愛知県立大学・国際関係学科の公式学生ブログ開設 (2012/07/18)
日本文化人類学会理事に選出 (2012/04/01)
日本文化人類学会課題研究懇談会「宇宙人類学研究会」発足 (2012/04/01)
日本文化人類学会課題研究懇談会「応答の人類学」発足 (2012/04/01)
愛知県立大学「映像技術を活用したフィールドワーク教育の振興」事業発足 (2012/04/01)
カメルーン調査 (2012/02-03)
長久手町が長久手市になりました (2012/01/04)
日本狩猟採集大学 (2012/01/03)
女子力とか、ナントカ力とか (2012/01/02)
頭に金運のお正月 (2012/01/01)


2011年

マヨネーズが大丈夫なたこ焼き (2011/07/01)
やりたいことは1年目からやろう (2011/06/30)
出る杭は、打たれた後にどうなった (2011/06/24)
縦長ゼミの極意 (2011/06/16)
はじめての「学生自主企画研究」の応援 (2011/06/14)
住所変更をしてくれない組織 (2011/06/09)
文化人類学会で分科会「支援のフィールドワーク」開催します (2011/06/08)
「ゆかたビズ」でいこう (2011/06/05)
国際開発学会2011春季大会@JICA研究所 (2011/06/04)
長久手古戦場の近くの職場 (2011/06/03)
ウメサオタダオ展 (2011/06/02)
マイバッグには赤ワインがよく似合う (2011/05/31)
アフリカ学会2011@弘前大学 (2011/05/23)
「おもしろさを伝えたい」? (2011/05/14)
柿の件 (2011/05/10)
個人情報の大掃除 (2011/05/05)
新しい職場での1カ月 (2011/04/30)
『手話の世界を訪ねよう』日本語能力試験問題集の例題に採用 (2011/04/29)
いばらがばさま! (2011/04/18)
「育む」ということへの思い (2011/04/13)
『手話の世界を訪ねよう』沖縄大学の入試問題に出題 (2011/04/09)
愛知県立大学に着任 (2011/04/01)
新しい連絡先一覧 (2011/04/01)
愛知県立大学に着任 (2011/04/01)
大阪国際大学を辞するにあたって (2011/03/31)
東北大学からの電話 (2011/03/28)
メガバンクを停めた義援金 (2011/03/25)
あなたならどんなゼッケンを付けますか (2011/03/24)
名刺の大掃除 (2011/03/19)
「あえて沈黙する」という協力のしかた (2011/03/18)
困難な状況だからこそ日常を守ること (2011/03/16)
2011年3月11日14時46分 (2011/03/11)
日本福祉大学ワークショップ「『場』から拓く支援とフィールドワーク」 (2011/03/09)
社会花粉学 (2011/03/06)
『手話の世界を訪ねよう』川村中学校の入試問題に出題 (2011/03/05)
共同研究と冷蔵庫 (2011/03/04)
『支援のフィールドワーク』校了! (2011/02/25)
「アフリカ子ども学」の構想 (2011/02/21)
ネアンデルタール漬けの3日間 (2011/02/20)
ジョン・レノンと鬼太郎のユートピア (2011/01/30)
サウナの後の水風呂で (2011/01/29)
新年好や! (2011/01/24)
ストリート芸人の多い駅で (2011/01/20)
1回生たちに贈ることば (2011/01/18)
崎陽軒シウマイのプチマスコット (2011/01/09)
静岡の手話の「名前」と「名前」 (2011/01/08)
マクドナルドの後ろ、エスカレータの後ろ (2011/01/05)
今年の目標は中国語 (2011/01/02)
元旦の脱稿宣言 (2011/01/01)


2010年

マイ重大ニュース2010 (2010/12/31)
アフリカ重大ニュース2010 (2010/12/28)
手話の世界の新語・流行語 (2010/12/27)
聖夜のゴミ袋 (2010/12/24)
政党交付金と科研費 (2010/12/12)
変な研究をせよ (2010/12/07)
特定の分析方法をもつ学問 (2010/12/03)
仕事と家事には相性がある (2010/11/22)
交代制の専業主婦/主夫 (2010/11/21)
筒井康隆「関節話法」で学ぶ異文化コミュニケーション (2010/11/19)
ペットボトルでボジョレー・ヌーヴォー (2010/11/18)
2回生たちのパネル発表会 (2010/11/16)
ウェブサイトに Twitter 表示欄を設置 (2010/11/14)
10年ぶりの鞍馬山 (2010/11/13)
「ポッキーの日」の研究室の風景 (2010/11/11)
文化人類学教育を考える1日@立教大学 (2010/11/06)
『途上国障害者の貧困削減』刊行! (2010/11/01)
アフリカに避暑に行こう (2010/07/26)
iPad には類人猿がよく似合う (2010/07/25)
「ひとりオープンキャンパス」の想い出 (2010/07/10)
雨にぬれた選挙ポスター (2010/07/03)
毎週9コマ授業の期間に突入 (2010/07/01)
仮説検証恐怖症 (2010/06/27)
「教職実践演習」とフィールドワーク (2010/06/23)
日本野外教育学会での招待講演 (2010/06/19)
1960→2010 (2010/06/15)
文化人類学会2010@新座 (2010/06/13)
米だけ研いどけ (2010/06/05)
鳩山さん「5月末決着」の既視感 (2010/06/04)
アフリカ学会2010@奈良 (2010/05/30)
講義室でのひとり理論闘争 (2010/05/22)
論文をほかのものにたとえたら (2010/05/16)
Researchmap への参入 (2010/05/08)
世界手話通訳者協会会長の講演 (2010/05/04)
ツイッター人類学は可能か (2010/05/02)
ピン芸人としての大学教師 (2010/04/30)
言語系学会連合と日本手話学会 (2010/04/26)
連載「通訳者×文化人類学者」 (2010/04/24)
自分探さず、ネタ探せ (2010/04/22)
非正規雇用の8年間 (2010/04/17)
心理学と文化人類学 (2010/04/10)
マイ文庫の設置 (2010/04/08)
3種類の新しい名刺 (2010/04/06)
『森の小さな〈ハンター〉たち』、野田正彰氏が長文書評 (2010/04/05)
研究室の大減量作戦 (2010/04/03)
連絡先が変わりました (2010/04/01)
大阪国際大学に着任 (2010/04/01)
東京外大という職場 (2010/03/31)
『森の小さな〈ハンター〉たち』週刊朝日で紹介 (2010/03/30)
切手のない分厚いおくりもの (2010/03/23)
博士論文の刊行報告 (2010/03/21)
コートジボワールでの学会発表資料掲載 (2010/02/25)
コートジボワール日記2010 (掲載準備中)
コートジボワール調査へ (2010/02/05)
「視覚言語リテラシー」のシンポジウム (2010/02/02)
岩波ジュニア新書への反響いろいろ (2010/02/01)
『手話の世界を訪ねよう』厚生労働省「児童福祉文化財」に選定 (2010/01/31)
今しかできない苦労がある (2010/01/29)
書記長というのはなぜ偉い (2010/01/27)
同一年アルファベット制覇の偉業 (2010/01/25)
JAL破綻の報を聞きながらアフリカの森を思う (2010/01/19)
手話学会のシンポ、東大の新聞で紹介 (2010/01/08)
アフリカ言語学会議の報告、『アフリカ研究』に掲載 (2010/01/07)
手話学会の研究倫理シンポの報告、ウェブで公開 (2010/01/06)
願いごとの優先順位 (2010/01/01)


2009年

マイ重大ニュース2009 (2009/12/31)
ツイッター参入のクリスマス (2009/12/25)
毎日新聞に民博シンポでの講演が掲載 (2009/12/24)
四正面作戦の今日このごろ (2009/12/22)
日本聾史学会での招待講演 (2009/12/20)
事業仕分けと機能主義 (2009/12/18)
強いられる学際、好んでする学際 (2009/12/16)
ジュニア新書で哲学しましょう (2009/12/08)
大学における手話教育シンポジウム@関学2009 (2009/12/07)
『手話の世界を訪ねよう』四谷大塚の小4国語問題に出題 (2009/12/01)
点字のシンポジウム@民博200911 (2009/11/23)
レヴィ=ストロースの功績 (2009/11/09)
モデレータとしての文化人類学者 (2009/11/02)
『手話学研究』「特集・手話研究の倫理」刊行! (2009/11/01)
日本手話学会で研究倫理のシンポジウム開催 (2009/10/31)
文体模倣で事典を書こう (2009/10/28)
全略 (2009/10/27)
大家と店子と持ち家と (2009/10/23)
研究者は夢を語る仕事、のはずだけど (2009/10/21)
研究者は夢を語る仕事 (2009/10/16)
てふてふが一枚ねつとの海を渡つて行つた (2009/10/12)
ウィキペディア承認制と人類の業 (2009/10/01)
世界アフリカ言語学会議の規約改正 (2009/09/18)
「ブログ」「サイト」の敬語表現は (2009/09/17)
『手話の世界を訪ねよう』を書いた理由 (2009/09/17)
WEBマガジン『風』にインタビュー掲載 (2009/09/15)
「脱官僚」の中心で、官僚の必要性を叫ぶ (2009/09/14)
政治が変わったらしい朝に (2009/08/31)
カメルーンから来日した車いすの活動家たち (2009/08/29)
総選挙が排出するCO2 (2009/08/28)
『手話でいこう』韓国語版刊行! (2009/08/27)
マニフェストは政権交代! (2009/08/26)
ドイツ日記2009 (2009/08/15-24)
世界アフリカ言語学会議でDVD手話辞典を発表 (2009/08/18)
『手話の世界を訪ねよう』朝日新聞「ひと」欄で紹介 (2009/08/14)
研究者が一般書を書いたらしかられる? (2009/08/07)
もしもろう者が支配する世界に暮らしたら (2009/08/06)
選挙予想の平和な感じ (2009/07/28)
兵庫のバス停で日食を仰ぐ (2009/07/25)
大塚和夫先生のことば (1)-(4) (2009/07/20-23)
世界がもし○人の村だったら (2009/07/14)
交通検索の奴隷は考える (2009/07/13)
『遊びの人類学ことはじめ』発売! (2009/07/11)
あわせて買いたい『通訳者のしごと』 (2009/07/10)
岩波ジュニア新書『手話の世界を訪ねよう』刊行! (2009/06/28)
卵と壁とことば遊び (2009/06/27)
『広辞苑』と『日本語-手話辞典』 (2009/06/25)
「太陽の塔」はどっち向きに顔をしかめているか (2009/06/20)
『手話の世界を訪ねよう』カバー写真掲載 (2009/06/05)
『遊びの人類学ことはじめ』カバー写真掲載 (2009/06/04)
昭和堂『遊びの人類学ことはじめ』校了 (2009/06/02)
岩波ジュニア『手話の世界を訪ねよう』校了 (2009/06/01)
1か月ぶりのサイト更新 (2009/05/21)
オバマ大統領の手話名 (2009/05/04)
文化相対主義から身体相対主義へ (2009/04/29)
酔いつぶれても韓国語の草彅君 (2009/04/27)
愛機 iBook G4 のバーンアウト (2009/04/23)
岩波ジュニア新書『手話の世界を訪ねよう』脱稿! (2009/04/22)
藤子不二雄 SF 名作との「共演」という幸せ (2009/04/16)
「やさしく書く」という試練 (2009/04/13)
「ろう者を類推で理解しない」という原則 (2009/04/12)
科研費・若手研究 (A) の採択にあたって (2009/04/11)
私に十指を与えたもうたご先祖へ (2009/04/09)
検索エンジンに教えてもらう「自分らしさ」 (2009/04/07)
科研費・若手研究 (A)「ろう者の人間開発に資する応用言語人類学的研究」採択 (2009/04/06)
「印刷中」というバロメータ (2009/04/02)
勝手に作った「○条の会」 (2009/03/29)
手話で手話言語学を議論する (2009/03/28)
若田さんの宇宙ブログ (2009/03/23)
箕浦康子先生の古希祝い (2009/03/20)
本が人を呼び、人が本を呼ぶ (2009/03/18)
森の中で遊んでいました… (2009/03/16)
A・G・ベルと耳の日 (2009/03/03)
日本福祉大でワークショップ (2009/02/26)
アジ研の「卒業論文」 (2009/02/21)
丸善事典、毎日新聞で紹介 (2009/02/20)
祝・200歳の誕生日: ダーウィンとリンカーン (2009/02/12)
NHKラジオ国際放送で「アフリカの手話」 (2009/02/03; 06)
「京大卒の猟師」 (2009/01/29)
文化人類学事典に「手話」 (2009/01/28)
手話で学ぶアフリカ入門@東京 (2009/01/11)
大学研究者の福袋 (2009/01/02)
おしぼり千鳥で謹賀新年 (2009/01/01)


2008年

マイ重大ニュース2008 (2008/12/31)
人類学的に気になるキーワード2008 (2008/12/28)
総集編「ろう者の目線 聴者の気づき」 (2008/12/20)
おかたづけ、しようね (2008/12/18)
日本手話は「日本語」?「外国語」? (2008/12/13)
還暦の世界人権宣言 (2008/12/11)
祝・レヴィ=ストロース100歳 (2008/11/28)
日本手話訳・源氏物語 (2008/11/20)
ろう学生たちとの対話 (2008/11/09-11)
言語研修「フランス語圏アフリカ手話」最終報告 (2008/10/29)
コートジボワール日記2008 (2008/10/03-23)
そしてまた1人の手話話者となり (2008/09/19)
ようやく訪れた夏休み (2008/09/17)
日本手話学会での招待講演 (2008/09/15)
The Daily Yomiuri に言語研修の記事掲載 (2008/09/11)
手話言語研修・週末日記 (5) 終わりよければすべてよし (2008/09/06)
言語研修「フランス語圏アフリカ手話」ついに終了 (2008/09/05)
手話言語研修・週末日記 (4) 急増するリクエスト (2008/08/30)
日本手話学会での共同基調講演 (2008/08/28)
アフリカ3カ国のろう者、東京でそろい踏み (2008/08/24)
手話言語研修・週末日記 (3) 折り返し地点をすぎて (2008/08/23)
公開講演会「ケニアのろう者コミュニティ」(2008/08/22)
サイボーグ手話通訳者の夢 (2008/08/17)
手話言語研修・週末日記 (2) 夏期休校中の強行軍 (2008/08/16)
手話言語研修・週末日記 (1) この多様な受講生たち (2008/08/09)
フランス語圏アフリカ手話の言語研修、本日開講! (2008/08/04)
言語研修「仏語圏アフリカ手話」新情報追加 (2008/08/02)
日本のろう教育とフォスターの教え (2008/08/01)
フランス語圏アフリカ手話の教科書刊行 (2008/07/31)
フィリップへの恩返し (2008/07/31)
DVD手話動画辞典・教材の完成 (2008/07/30)
ソウルの国際言語学者会議で発表 (2008/07/24)
不良調査者としてのインディ・ジョーンズ (2008/06/15)
「ワーキングプア島耕作」ってのはどうでしょう (2008/06/10)
ピクトたち、学会で大いに踊る (2008/06/05)
文化人類学会「アクションというフィールド」大成功! (2008/06/04)
「アフリカ手話の研修 8〜9月 外語大が参加者募集」読売新聞で報道 (2008/05/30)
『アクション別フィールドワーク入門』文化人類学会の主力商品に! (2008/05/27)
「東京外大AA研 アフリカの手話学ぼう」毎日新聞で報道 (2008/05/20)
『アクション別フィールドワーク入門』ちょっと立ち読みできます (2008/05/18)
文化講演シリーズ「アフリカの手話の世界」 (2008/05/13)
文化人類学会の分科会「アクションというフィールド」 (2008/05/10)
言語研修「フランス語圏アフリカ手話」受講生募集開始! (2008/05/04)
言語研修「フランス語圏アフリカ手話 (LSAF)」ページ新設 (2008/05/04)
知的生産のための三つの要素 (2008/05/03)
フィールドワーカーは裁判員を辞退できるか (2008/04/12)
アフリカ・エッセイコンテスト受賞作を読もう (2008/04/08)
「おせわになった出版社・発行元」ページ新設 (2008/04/02)
「人類の幸福」プログラムへのオマージュ (2008/03/31)
〆切前に歌ってはいけない歌 (2008/03/30)
アフリカをキャッチする12本のアンテナ (2008/03/29)
『アフリカのいまを知ろう』刊行 (2008/03/26)
ガンダムと子ども兵 (2008/03/23)
『アクション別フィールドワーク入門』刊行! (2008/03/17)
アジ研での共同研究の成果刊行 (2008/02/20)
『アクション別フィールドワーク入門』もうじき出ます (2008/02/19)
阪大外国語学部集中講義日記 (2008/02/04-07)
アフリカ・エッセイコンテスト (2008/01/19)
ミカンの無人販売で学ぶ引用のルール (2008/01/14)
「1カ月前ルール」の発足 (2008/01/01)


2007年

マイ重大ニュース2007 (2007/12/30)
アフリカ重大ニュース2007 (2007/12/29)
人類学的に気になるキーワード2007 (2007/12/26)
手話にがんばっているビール工場 (2007/12/24-25)
初めて語った自分の研究史 (2007/12/22)
ピクトは楽し (2007/12/17)
祝!ジンルイ日記500件 (2007/12/12)
夢の国際会議場 (2007/12/10)
研究会ミシュラン (2007/12/07)
「知識資源としての手話」刊行 (2007/12/05)
フィリップの贈り物 (2007/12/01-05)
『アフリカのろう者と手話の歴史』国際開発学会奨励賞を受賞 (2007/11/24)
活け造りフィールドワークの夢 (2007/11/20)
カメルーン日記2007 (2007/10/17-11/17)
2年半ぶりのカメルーンへ (2007/10/16)
麻生さんのマンガの経費 (2007/09/26)
山口大学集中講義「ろう者の文化人類学」 (2007/09/17-21)
「アフリカの手話の世界探訪 (3)」『Teaching English Now』に掲載 (2007/09/13)
「フランス語圏のアメリカ手話 (下)」『月刊言語』に掲載 (2007/09/13)
一日5000タッチの仕事量 (2007/09/09)
早起きは三文の損 (2007/09/07)
東京外大アジア・アフリカ言語文化研究所に着任 (2007/09/03)
関学のみなさま、お世話になりました (2007/08/31)
『手話でいこう』NHK「みんなの手話」で紹介 (2007/09/01; 09/08)
暑い国の知恵に学ぶ (2007/08/23)
サーバーの夏休み (2007/08/14)
「フランス語圏のアメリカ手話 (上)」『月刊言語』に掲載 (2007/08/10)
北京オリンピックの知られざる効果 (2007/08/08)
なぜ新幹線の男性トイレには鍵がかからないのか (2007/08/05)
雨ニモ負ケズ@若手研究者 (2007/07/26)
「偽装牛丼」の前で (2007/07/11)
若手研究者の資源 (2007/06/25)
はしか休校にあたって: 関学生のみなさまへ (2007/06/04)
『いくお〜る』の覆面書評 (2007/05/29)
長崎とアフリカをつなぐ細い線 (2007/05/28)
『アフリカのろう者と手話の歴史』が『月刊言語』の書評で紹介 (2007/05/17)
「ろう者研究の倫理: 異文化理解のための四つのマナー」(2007/05/14)
聴者のモラル (2007/05/14)
二つの資源──ダイヤモンドと子どもたち (2007/05/05)
「幸福日記」1周年 (2007/05/02)
教育以外の学内業務 (2007/04/27)
60歳からの手話──団塊の世代のみなさまへ (2007/04/20)
アジ研の新プロジェクト「障害者の貧困削減」開始 (2007/04/16)
三つの文化と博物館 (2007/04/08)
COE特任准教授拝命 (2007/04/04)
言語で分かる研究者の姿勢 (2007/03/28)
イギリスの奴隷貿易廃止200周年をむかえて (2007/03/26)
ナイジェリア調査の結果が本になりました (2007/03/15)
科研費で買いたいドラえもんの道具 (2007/03/13)
ワークショップ「多文化と幸せ」(2007/03/10)
"Frontiers of Social Research" 刊行 (2007/02)
『バベル』に字幕を (2007/03/05)
『アフリカのろう者と手話の歴史』毎日新聞の書評で紹介 (2007/02/18)
アカデミー賞の見識が問われる (2007/01/31)
『アフリカのろう者と手話の歴史』発売 (2007/01/15)


2006年

アフリカ重大ニュース2006 (2006/12/29)
人類学的に気になるキーワード2006 (2006/12/27)
『アフリカのろう者と手話の歴史』刊行されました (2006/12/25)
『アフリカのろう者と手話の歴史』近日刊行 (2006/12/22)
ろう学校での一日授業 (2006/11/27)
「開発において手話の自由を」(アジア経済研究所) (2006/12/04)
オスロ大学アフリカ言語・教育会議での発表論文、ウェブに掲載 (2006/11/18)
『アフリカのろう者と手話の歴史』入稿 (2006/10/23)
ナイジェリア手話でセミナー (2006/09/03, 10)
ナイジェリア日記2006 (2006/08/23-09/14)
ナイジェリアに行ってきます (2006/08/21)
ノルウェー日記2006 (2006/06/17-25)
ノルウェーに行ってきます (2006/06/15)
『A Sociology of Happiness』出版 (2006/06/06)
メルマガ編集長よりごあいさつ (2006/04/28)
『アフリカのろう者と手話の歴史』出版助成決まる (2006/04/18)
特任助教授拝命 (2006/04/04)
手話通訳士としての誓い (2006/04/03)
デトロイト日記2006 (2006/03/18-21)
『Hunter-Gatherer Childhoods』出版 (2006/03/04)
ガーナ全国ろう者協会セミナーで講演 (2006/02/25)
ガーナ日記2006 (2006/02/03-28)


2005年

学生と選んだ「アフリカ重大ニュース2005」(2005/12/26)
人類学的に気になるキーワード2005 (2005/12/25)
グローバル化時代のキング・コング (2005/12/23)
アメリカ日記2005 (アメリカ人類学会) (2005/11/28-12/04)
アメリカ人類学会で発表 (2005/12/01)
『手話でいこう』毎日新聞全国版の書評に (2005/10/30)
手話で生物学はいかが (2005/10/01-03)
映画『ホテル・ルワンダ』を見ようよ! (2005/09/28)
愛と怒りの地球博ルポ (2005/09/17-26)
10/1、つくば市で講演します (2005/08/29)
『手話でいこう』各誌で紹介 (2005/08/20)
夏休みのマニフェスト (2005/08/16)
関学COE新雑誌『先端社会研究』創刊号、第2号刊行 (2005/06)
カメルーン日記2005 (2005/03/19-28)
シリーズ「手話での講義」(2005/02/09)
『手話でいこう』重版決定!(2005/02/07)
『手話でいこう』京都新聞に掲載!(2005/02/04)
『手話でいこう』いくお〜るに掲載!(2005/02/03)
『手話でいこう』読売新聞に掲載!(2005/01/28)
講演「手話で学ぶアフリカ入門」(2005/01/23, 広島)
映画評『スーパーサイズ・ミー』(2005/01/11)
明けましておめでとうございます (2005/01/03)


2004年

『手話でいこう』刊行!(2004/12/24)
アフリカ重大ニュース2004 (2004/12/15)
人類学的に気になるキーワード2004 (2004/12/12)
ジンルイ日記、ひさびさの更新 (2004/11/24)
COEワークショップ「多文化と幸せ」開始 (2004/11/08)
ベナンから帰りました(2004/09/15)
ベナンに行ってきます (2004/07/31)
シリーズ「クローズドキャンパス」(ジンルイ日記より) (2004/07/22-)
シリーズ「近くで見た祇園祭」(ジンルイ日記より) (2004/07/14-)
連載「アフリカのろう者(6)アフリカろう教育の父フォスター」
『手話コミュニケーション研究』(2004/06)

『アジアの手話 第5集』刊行 (2004/06)
発表「アフリカにおける外来手話論争」日本文化人類学会 (2004/06)
発表「手話のアフリカ史」日本アフリカ学会 (2004/05)
論文「アフリカの手話言語」『アフリカ研究』(2004/05)
所属変更のお知らせ: 関西学院大学へ移ります (2004/04/01)
「アフリカのろう者(5)ろう者たちのアメリカ観」が出ました (2004/03/31)
牛丼人類学「人々はなぜ牛丼屋に並んだのか」 (2004/02/13-21)
ミャンマー調査概要、日聴紙に掲載 (2004/02/01)
朝日投書事件のてんまつ (2004/01/10-20)


2003年

「アフリカのろう者(4)外来手話をめぐる論争」が出ました (2003/12/26)
ミャンマーのヤンゴンろう者協会を訪問 (2003/12/19-23)
私見で選んだアフリカ重大ニュース2003 (2003/12/13-18)
第9回アジア手話セミナー/アジア各地の手話調査 (2003/11/08-09)
筑波大学附属ろう学校文化祭に協力 (2003/11/02)
アフリカろう者JICA研修員との意見交換会 (2003/11/01)


矢印このページのトップへ    亀井伸孝日本語の目次へ

All Rights Reserved. (C) 2003- KAMEI Nobutaka
このウェブサイトの著作権は亀井伸孝に属します。